きちんと謝れる社員





朝スタッフの二人と話をしました。最近会社に少し動きが出ましたので、どのように感じているのか、どのように考えているのかというのを話しました。その時にスタッフの一人が私に謝ったのですが、一般的には中国の方達はあまり謝れないというような話をよく耳にしますが、それは人によっての話だと思います。

当然中国の方でもきちんとされた方というのはたくさんいらっしゃいます。今後皆さんがよりよくなるように私も頑張って行きますので、当然スタッフとぶつかることもあると思います。ただその中でお互いに勉強して行こうという気持ちを持つこと、これによって改善されるポイントというのはたくさんあると思います。

午後、よくして頂いているお客様がいらっしゃり、これからの和僑会についてのお話をさせて頂きました。今回十四日に行われた和僑会は私としては非常に良い結果を出せて終わったと思います。これからこの和僑会を続けることは私達がきちんと考えなければならないポイントになってくると思いますので、その点を踏まえてお話させて頂きました。

これからきちんと続けることが非常に大切だと思います。そして、午後親友と一緒に店舗でお茶を飲みながら最近の話などを話しました。久しぶりに会ったのでお互いに起こっていることには非常に差がありまして、こんなこともあったんだ、そんなこともあったんだ、ということがたくさんあります。非常に勉強になると思いました。

夜ブラジルのお客様がいらっしゃいまして、茶器を並べる道具と、後は茶器セットを購入して頂きました。私の英語が下手なので、きちんと伝えられたかは少し不透明でしたが、すごく喜んで頂きました。そのブラジルのお客様の名刺を頂いたのですが、その名刺にブラジルの国旗と中国の国旗が混じりあっているという会社のロゴで素晴らしいなと思いました。このようにしてきちんとした交流を持つことによって多くの方が変わっていくと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  新しい棚と並べ方


コックの故郷「順徳」へ  次の記事へ →

詳細情報

2010年10月23日 (14:35) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/891

コメントする




このページの先頭へ