中国茶のディスカッション





本日は、店舗を管理する三名のスタッフと会議を開きました。そして、お茶を淹れる為の勉強というのをして頂きました。お茶を淹れるというのは簡単そうに見えるのですが、それほど簡単ではないです。きちんとお茶を理解する事、後はお茶がベストなタイミングでお湯を出す事、頭では分かっているかもしれないですが、きちんとできるようになる事がすごく大切だと思います。

そして、話をしながらお茶を淹れる。実際に淹れながら少し研修を行いました。これから少しずつ上手になって行くだろうと思います。そして、午後も同じく会議を開いたのですが、ここでは、ブログの記事をきちんと書くという事によって、日本のお客様にも中国の店舗でどのような事が起こっているのかというのをアウトプットして行きたいと思います。これは、彼女達三人が書いていくブログにして行きたいなと思います。それと、仕事の方法や効率を上げる事、後は目標をきちんと設定するというお話をしました。これはいつも話している内容ですが、本当に大切な部分だと思いますので、何度もお話をさせて頂いております。今後、少しずつ上手になってくるのであろうと思います。

そして、夕方三名のスタッフと茶芸部の二人、加えて五人での会議を開きました。ここでは、お茶の知識についてお互いにディスカッションするという会議のスタンスで開いたのですが、これもすごく効果がありました。それと、これからどういう風にしていくかという全体の会議も少し開きまして、お互いの部下が何をしているのかというのを把握しなさいという話もしました。これからも、少しずつ彼女達も出来るようになってくると思います。

夜、キッズサッカーのコーチに行きましたが、シュートやドリブルというのはどんどんうまくなっているのはすごく分かりました。これから、この調子で教えさせて頂ければ後半年ぐらいでだいぶ上手になると思います。きちんと上を見て頑張って頂きたいなと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  大高勇気中国茶塾・品茶 黄金桂


ブラジルの生活はすごい!  次の記事へ →

詳細情報

2010年11月 4日 (15:10) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/904

コメントする




このページの先頭へ