中国茶を認めて頂ける事





午前中は、世界の資料作成をしておりました。日本からお客様がいらっしゃいまして、鉄観音を購入して頂きました。この方はすごく中国茶に詳しくて、色々なお話をさせて頂きました。中国茶はどのように作られていて、どのようなルートがあって、どのような市場がなっているかというのは当然わかりませんので、私がお話をさせて頂きました。より多くの方が中国の事を理解して頂くことが私の仕事だと思います。隠すことも何もございません。きちんとお話をさせて頂きました。

そして、夕方に以前からアポを取って頂いた方がいらっしゃいました。以前いらっしゃった方がお土産にプレゼントをされていたようで、最近はずっとその茶器と茶葉で飲んでいますという話を頂きました。私としても非常に嬉しく、すごく興奮していました。まったく接点がない状態で一人の方がお茶をプレゼントして、茶器をプレゼントして、その後お茶をずっと飲む習慣をキープして頂いたことにすごく感動しました。

それと同時にすごく感謝の気持ちがありました。中国のお茶を認めて頂いたというように言っても間違いではないと思うのですが、きちんと中国茶のことを理解して頂き、そして好きになって頂けたことに私はすごく嬉しかったです。今後もこのような方が増えるように私達も努力して行きたいと思います。これからも頑張りたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  ハングリー精神


ChineseLifeの発展  次の記事へ →

詳細情報

2010年11月14日 (17:10) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/914

コメントする




このページの先頭へ