未来を創造する









本日は朝から519の教室を528に引っ越しをしております。528は新しく契約した茶芸の教室になりまして、これからは、ここで茶芸の授業を行います。528の部屋の中に二つの茶芸の部屋を作りました。一つは中級と高級を受講する教室になりまして、もう一つは初級と中級を受講する部屋になります。

次回、行う表演会に関しましても、こちらの528の部屋を使用します。528の部屋は以前の519と比べて非常に大きくなります。その為、より多くの方が見て頂けるのと、後は空間が広くなった分、今までかなり狭い感じがしたのですが、大分大きな空間を見て頂きますので、少しゆったりした感じになると思います。

この引っ越しはずっと午前中していまして、お昼前に茶芸部の二人に簡単な会議を開きました。これから、お客様とどのようなものを作っていくか、もしくはどのようなものを伝えていくかということに対して、不可能はないという話をしました。例えば、お客様と一緒に食事会を開いたり、もしくはお客様と一緒に表演と食事会を開くなど、色々形式があると思います。

その為、考えつけば全てそれを実行にする可能性があるという話をしました。当然、会社ですので、一人の力というのは大したことがありません。その為、スタッフ全員がどういうものを作り出せるのかというを話しています。

そして、秘書の仕事をしているスタッフとIT部責任者の二人と会議を開きまして、そこでも、未来の話を話しました。未来は創造するものであって、あるものが落ちてくるわけではないという話をしました。その為に、未来をどのようにしたいのか、どのふうにして行きたいのかというのをしっかりと考えて、一歩ずつ進んでいくということが大切になります。その為にも、方向性というのをしっかり持って、これからも仕事をして頂きたいと思います。

その後、魚と植物を買いに芳村の先の"花地湾"という地下鉄の駅まで行きまして、魚と植物を買ってきました。これは店舗に置く植物と茶芸の教室に置く植物を購入しました。そして、店舗に戻り、今日の報告会にて会社の為にしてくれることが多い人をこれから評価しますという話をしました。

どんなに自分が頑張ると言っても、会社の為にならないのであれば、会社にとってプラスになりませんという少し厳しい話をしました。これから社員を引きあげる上で、もっともっと方法を変えいく必要があるのかなと正直実感しております。色々な方法を試しながら、一番ベストな方法を見つけたいと思います。

そして、社員の半分以上の人間が今ToDoListを作っています。この作成と管理、後はどのように計画を作るのかという話をしています。そして、どんどん未来を見てくださいという話をしました。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  大高勇気中国茶塾・品茶「黄山毛峰」


IT部のプレゼン  次の記事へ →

詳細情報

2010年11月26日 (17:31) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/926

コメントする




このページの先頭へ