2010年12月アーカイブ

みんなで食べた年越し蕎麦





本日、午前中に福袋のメールを送らせて頂きました。商工会の方達、会員の方達、後は茶芸講座の生徒様にメールを送らせて頂きました。今回はすごくお得な福袋になっておりますので、ぜひ皆様にご購入頂ければなと思います。

そして、午後はたくさんのお客様がいらっしゃいました。そして、中国にすごく長くにいらっしゃる総経理の方がいらっしゃいまして、北京、上海、成都、広州と多くの場所を回られた方ですので、すごく豊富を持たれていました。

その後、IT部の会議を開きました。この会議ではどれだけ先の物を見れるか、そして、クリエイト出来るかというのに特化した仕事をしなさいという話をしました。このような先を話すというのはいつもしていますので、すごく出来るようになってくるだろうと思います。

そして夜、スタッフと一緒に年越しそばを食べました。準備もまったくしてなく、今回は急に決まり、ジャスコに買いに行ったのですが、すごく良い経験になったなと思います。そして、年越しそばを食べながら今年一年を振り返りしました。そこで、多くのスタッフに感謝の言葉を頂きました。私としては経営者としてするべき事をずっとして来たと思うのですが、彼女たちにとってそれが良い成長するきっかけだったという事について、私がすごく嬉しいなと思いました。

そして、来年の抱負や目標も聞いたのですが、今はきちんとした目標や考えがあるのは、私はすごく嬉しかったです。当然入社直後というのはほとんど考えなく、ただ日本語が話したいからというスタッフが多いのですが、今は、皆目標があって、目標に一歩一歩近づいて彼女達の姿を見て、非常に逞しくなったなと思います。今後、もっともっと優秀な人材になって頂き、そして会社を引っ張って頂きたいなと思います。みんなで良くするのが会社だと思いますので、これからもスタッフと一緒に良い物が作るように頑張っていきたいなと思います。

最後になりますが、今年一年誠にありがとうございました。そして、2011年が皆様にとって素晴らしい年になりますようにChineseLife社員一同心から願っております。

詳細情報

2010年12月31日 (10:20) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

最高級七子餅







朝から店舗に行きまして、お茶のテイスティングをしました。今回も多くの冬茶をテイスティングしていたのですが、その中で今年の冬茶というのは良く出来ていると思います。今後も店舗で販売させて頂きたいなと思っております。

そして、お昼から私の親友が日本に引っ越しをしますので手伝いに行きました。高速道路で約一時間程走った場所に住んでいたのですが、私も初めて行きました。そして、全ての荷物を車に乗せて広州に戻って来ました。そして、いくつか頂いた物がありましたので、それをオフィスに持ってきました。日本に本帰国で本当に多くの物を運ばれたのですが、日本に戻ってもすごく大変だなと思いました。

そして夜、キッズサッカーがありまして、キッズサッカーから戻ってきてから福袋に入れさせて頂くプーアル七子餅を決めていました。今回ChineseLifeで販売している一番良いプーアル茶を入れさせて頂いたのですが、それをスタッフと一緒に決めました。良い物を飲んで頂きたいという気持ちで、今回福袋を作らせて頂いておりますので、皆様にご購入頂ければ嬉しく思います。

詳細情報

2010年12月30日 (10:19) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶テイスティング

中国カンフーの真髄

















本日は、朝から華僑職業学校という場所で開かれた華僑の息子さんたちが一ヶ月の修行を終えて、皆様に学んだ事を披露する、簡単に言うと終業式 に参加させて頂きました。この一ヶ月で習った事を表演していました。最初は学生が表演をしたのですが、その後、師範の方達が表演をしました。あまりの違いに圧倒されました。師範の方達の実力というのは半端ではないと思いました。

ただ、ずっと何十年も練習をしてきて、師範クラスになっていますので、当然違いはあるのですが、このように素晴らしい伝統や武術、そして精神を受け継いでいる事、私にとってすごく勉強になりました。今後、このような機会を多くの方達にも提供て頂きたいなと思います。ただ、現況では華僑の方の息子さんたちしか入れないので、何とも言えませんが、今後変わってくるのではないかなと思っております。

そして、お昼ご飯を師範の先生や今回一緒に見させて頂いた政府の方達と食べさせて頂きました。その中でも多くのお話をしながら食べていたのですが、やはりきちんと自分の思っている事や考えている事、そしてこうなって頂きたいという話をする事というのは非常に大切だと思います。今後、色々な方と接する機会があると思うのですが、その中でもきちんと伝えていこうと思います。

そして、午後からお茶市場に行きました。本日どうしても行かなければいけない用事がありました。その用事を済ませて、一緒に食事を食べたのですが、すごくおいしい料理を食べました。ただ、華やかな料理ではなくて、地元の方達が食べる広州料理というのを食べました。おいしいスープでした。何杯も飲んだのですが、体に良い物しか使っていない料理です。科学調味料などは一切使わずに作っている料理ですので、体にもすごく良いなと思いました。

詳細情報

2010年12月29日 (10:17) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

幼稚園の子供茶藝







本日、広州での共同経営者の方が店舗に来ました。そして、いろいろな話をしていたのですが、そこで、私がどのようにして、最近お茶の事を考えているのかなど話をしました。そして、午後、お客様がいらっしゃいまして、お客様と話をしていました。本日の夜エニーは実家に戻りますので最後に挨拶に来て頂きました。何年という月日をご一緒させて頂いたので、すごく寂しい感じがしました。その後、夜御飯を一緒にタイ料理に行きまして、トムヤムクンを食べて、後はカレーなども食べました。そして、私が大好きなパパイヤの和え物を食べました。

そして、現在茶藝部で行っている事なのですが、子供の茶藝というのを現在動いております。その中で今までは小学生以上を対象にした子供の茶藝を作っていたのですが、今回、小学生以下の幼稚園の子供達が勉強できる茶藝を作ってくれませんかというオファーを頂きました。これから色々な形で中国の文化や歴史というのはみなさんに伝えていきたいなと思っておりますので、色々な角度で考えていきたいと思います。

詳細情報

2010年12月28日 (10:12) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

日本茶道を中国で広めるのは・・・





本日、朝礼を行いました。朝礼では、前回中国茶博覧会の時にお会いした方の話をしました。その方が日本茶道を中国で広めたら良いのではないかという話をされていました。それについてスタッフと自分の見解を話しました。正直、非常に難しいと思います。中国は歴史や文化をまだ見れる段階ではないと思っています。

午前中、販売部の状況を確認して、他にも卸売りの方達の対応などもすべて確認をしました。その後、店舗の中を少し整理しました。そして、夜、お客様と一緒に食事をしました。その時に母米粥に行ったのですが、そこで皆さんと食事をしました。そこで初めて食べたのですが、面の料理がありまして、この料理がすごく美味しかったです。皆さんも今度ぜひチャレンジしてみてください。

写真も添付させて頂きますので、是非ご覧下さい。美味しそうな感じで映っております。その後、エニーさんの昔の友人が店舗に来まして、一緒に話をしていました。今している仕事の話がほとんどだったのですが、彼女たちも頑張っていました。これからどんどん良くなるのではないかなと思います。

詳細情報

2010年12月27日 (10:09) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

広州お茶博覧会四日目









お茶の博覧会の最終日ですので、本日もお手伝いに行かせて頂きました。その場で知り合った紫砂壺の先生方とお話をしていたのですが、紫砂壺を造られている方というのは皆さん芸術家です。きちんとした自分の考えを持ち、自分の作品や考え方、これを非常に大切にされていて、すごく良い角度で多くのものを吸収されているなと思っています。

私は、こだわりというのを非常に大切にしております。何かにこだわれる人間というのは、きちんとした考えを持っていたり、きちんとした未来を見ていたり、どのようにことが進んだ時にどういう風になるという自分の意見を持っていると思います。そういうことを私は大切にしておりまして、今回お茶博覧会も参加した時に、色々な先生とお話をさせて頂きました。

そして、今考えていることやどんなことに夢中になっているという話もしまして、私にとって有意義な時間だったなと思います。これから少しずつ色々な方達と接する機会が増えると思います。その中で自分も当然何をしたいのか、何をするべきなのかということを考え、実行したいと思います。きちんと突き詰めて考える必要性というのはあると思います。その中で、共感できる方や共鳴できる方、その方達と一緒にこの中国茶を世界に伝えて行きたいと思います。

そして、本日はプーアル茶の社長さんが私達の店舗にいらっしゃるというお話を頂きまして、急いで準備をして、外で食事を食べた後に店舗に行きました。そこで、プーアル茶を飲む前に社長さんが私が今一番好きなお茶を飲ませてくださいという話をされましたので、私が今年の祁門紅茶の一番良いものを淹れました。

祁門紅茶はきちんとした製法で作られていまして、その製法が今も伝統的なものとほぼ変わらないです。この祁門紅茶の評価は私の中で非常に高かったです。社長さんも今までこんなにおいしい祁門紅茶を飲んだことがないと言われました。

お茶というのは共通していますし、色々な産地や製造方法で違いがたくさんあるのですが、その中で拘っているものというか、考えているものというのは皆さん共通している部分というのが当然ございます。そして、社長さんのプーアル茶を飲みながら色々な話をしていました。

今まで私が広州でどのようなことをしてきたとか、後は私達の茶芸講座はどんなものかとか、日本においてどんな形で中国茶を広めて行くのかということまでお話をさせて頂きました。だいぶ夜遅くまでお話をさせて頂いたのですが、本当に私にとって有意義な時間を過ごさせて頂きました。来年もっと頑張って、きちんとしたもの多くの方達に見されるように頑張らなければいけないなと思います。

詳細情報

2010年12月26日 (10:07) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

広州お茶博覧会三日目













本日も朝からお茶の博覧会に参加しています。三人のスタッフを連れて参加しています。本日茶芸の大会最終日ということで、IT部のスタッフに試合の様子を撮って頂きました。来年参加したいスタッフがいれば、ぜひ参加して頂きたいと思います。このような挑戦や、今まで自分がしたことないことをするというのは新たな自分を発見するという可能性もあります。

それ以上にそのプロセスの段階で学べることが非常にたくさんあると思います。人間あらゆる可能性があると私は思っていますが、その可能性を自分で掴みに行くのか行かないかというのは当然個人差ですので、人間に出来ないことはないと私は感じております。そのため、挑戦するスタッフがいれば私もきちんとした形でサポートできるように考えております。

そして、プーアル茶の社長さんとお話をさせて頂いたのですが、その際にきちんしたとプーアル茶の知識であったり、お茶に対する知識、お茶をなぜ飲むのかというようなだいぶ掘り下げた内容までお話をさせて頂きました。このような素晴らしい方とお話をさせて頂きる時間があることに対して、私はすごく幸せに感じます。

スタッフにも真剣にお話をして頂き、本当にありがとうございました。色々な形で人というのは助けあって生きていると思うのですが、その助け合いというのを非常に分かりやすい形で頂いたような気持ちです。私もきちんとした形でプーアル茶や中国茶を多くの方達に紹介させて頂きたいなと思います。その為にも私自身今以上にもっともっと学なければなりませんし、今よりに頑張らなければいけないことも多々あると思います。一歩一歩着実に頑張って行きたいと思います。

そして、本日は私が尊敬している社長さんと一緒に食事をさせて頂きました。今年最後の食事ということで日本料理に行きました。非常においしい料理を頂き、 毎回多くのことを学ばせて頂き、そして色々なことに気付かせて頂いております。このような機会を私自身きちんと大切にしまして、良い形で自分の中に消化して、これから一歩一歩着実に歩いてことが大切だと思います。来年の目標や計画などもお話をしました。来年きちんとした足取りで中国茶を紹介出来るように今から来年の目標を練っております。

詳細情報

2010年12月25日 (10:05) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

広州お茶博覧会二日目













本日朝からお茶の博覧会に来ています。予定としては昨日、今日、明日、明後日と四日間参加する予定です。今回私がChineseLifeで取り扱う七子餅の社長さんが参加されていますので、その方のお手伝いも含めて行きました。

色々なブースの方達とお話をしながら歩いていたのですが、そこでお香を販売されている方がいらっしゃいまして、その方とお話をしていた時に、色々なビジネスモデルがあるという話をしていました。中国で日本の茶道を広げたらすごく良いビジネスのチャンスになるのではないかなとその方が仰っていました。

私は表現の仕方もしくは考え方によってはすごく良いと思いますが、実際軌道に乗るまでは少し難しいものがあるかなと感じております。その中で色々な交流というのは非常に重要だと思います。

今回、面白いなと思ったのはティーパックの機械を作られている会社が三社ほどございました。その会社の方達と色々な形でお話をしていたのですが、機械は壊れた時には修理をきちんとするというような話をしていましたが、中国では機械などは非常に壊れやすいというのが本音だと思います。

日本の機械のように精巧には出来ておりません。ただ修理してくれるということでそういう考えもあるかなという感じがしました。感じの良い社長さんでした。そして、プーアル茶の社長さんとお話をしながらお茶を飲んでいました。

今後も色々な形でプーアル茶を紹介して行きたいと思うのですが、その中でどのような方向性を見ているか、どのような考えがあるのか、そして、どのようなマーケットを造り出したいのかという形でビジネス的要素が多かったのですが、話をしておりました。

来年、日本でお茶の博覧会がある際は参加して見たいなという話もあります。そういう時期に来てるのかもしれないと私自身思っておりました。そして、その後、華僑職業学校に招待して頂きまして、中国カンフー表演を見させて頂きました。

この学校で毎年三回ほど行われるのですが、世界各地華僑の息子さん達を対象にした育成講座のようなものが開かれまして、中国の文化や歴史を学ぶことができます。あと中国の武術、カンフーなども学ぶことができます。非常に厳しい修行なのですが、このようにきちんとした中国の文化や歴史を伝承して行きたいという素晴らしい考えを持たれていると思います。

今後、私がお手伝いことがあれば是非させて頂きたいなと思います。写真もこの記事に添付させて頂きますのでぜひご覧ください。海外で活躍されている華僑の息子さん達が中国の文化や歴史をきちんと経験して、体得して海外に戻られます。

今回はクリスマスイブの表演ということで、色々な催し事や歌や踊りなどもあり、非常に楽しい夜を過ごさせて頂いたと思います。

詳細情報

2010年12月24日 (10:01) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

多くの別れ





本日は、ブログのカテゴリーを整理しております。それと同時に記事の整理も行っています。今まで、色々な角度で書き貯めてきたのですが、これを少しずつ整理しながら皆様が見やすいブログにして行きたいなと思います。

そして、午後お客様がいらっしゃいまして、そのお客様が十二月末日本に帰国されるというお話をさせて頂きました。十二月に帰国される方が非常に多いなと私自身感じているのですが、ちょうど入れ替えという時期で、日本に戻られる方もたくさんいらっしゃいます。何かとお話させて頂いたお客様だったのですが、非常に寂しく思います。

その後で、いつもいらっしゃっているお客様とお話をさせて頂きました。ここ広州でスープを学びたいというお話を頂いたのですが、今まで僕は料理学校にて点心を勉強した事があるのですが、スープだけの勉強というのはまだ聞いたことがありません。もしご存知の方がいらっしゃれば、ぜひ教えて頂きたいなと思います。

その後も、ずっと違うお客様がいらっしゃいました。そして、最近の話や茶器についての基礎知識や、どのようにしてこれが出来上がったかなど、歴史などもお話させて頂きました。このようにお話させて頂く時間というのは私にとっても非常に有意義な時間だと思います。

その後、お客様がいらっしゃり、中国茶をきちんと話させて頂きました。中国茶は私にどんなものを与えてくれたのか、そしてどんなことを感じているのか、後は中国茶と人間の関係とか、中国茶が作り出せる人の余裕であったり、中国茶がどれぐらい人に良い影響を与えるのか、そして、どんな良いことがあるのかということもかなり具体化したお話をさせて頂きました。

そして、今日はエニーさんと一緒に湖南料理を食べに行きました。すぐ家の近くにある所に行ったのですが、エニーさんは明日から上海に行きます。その為、パパっと外で食べました。上海も結構寒いみたいなので、風引かないように十分注意して頂きたいなと思います。

詳細情報

2010年12月19日 (17:55) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

クリスマスパーティー&深セン和僑会





















朝店舗でメールを返信しながら仕事をしていました。そして11時半から始まるキッズサッカーのクリスマスパーティーに参加しました。

今年もお母さん達が一生懸命作ってくれた手作りの日本料理でした。どれも私にとっては心に染みる最高の日本料理でした。

しっかりと味のついた肉じゃが。
もっちりとしたおいしさのグラタン。
丁寧に作られたサンドイッチ。
ボリュームたっぷりのおいしい角煮。
優しい味わいで落ち着く味の煮物。
家庭の暖かい味わいのやきそば。
野菜たっぷりのおいしいサラダ。
色々な具が入った海苔巻き。
食べられなかったナゲット。(苦笑)
食べられなかったピザ。(苦笑)

昼間から頂いてしまった
シャンパン、白ワイン、ビール。
おいしい料理とおいしいお酒。
そして心温まる会話。

どれをとっても最高の一時としか表現できないほどの時間を過ごさせて頂きました。その後、みんなと一緒に2種類のゲームをしましたが両方共勝ち進めなかったです・・・。悔しい。

そしてみんなで片付けをして楽しいクリスマスパーティーもあっという間に終わってしまいました。今回素晴らしい準備をして頂いたお母様方。本当にありがとうございます。

本当に美味しい日本料理を頂き、来年まで思い出すだけでおかずになる事は難しいですが(笑)、最高の味わいでした!感謝!感謝!感謝!

最後にみんなで感謝の握手をしました。
日頃、恥ずかしく感謝出来ない子供たち(私も含まれます)から大切なお母様方に感謝を込めた気持ちを違う形で表現させて頂きました。

握手はすごい良いですよね。私もスタッフと握手をしたりします。これから少しずつ握手を広げていきましょう♪練習でも取り入れてみたいと思います。(^^)

その後、深センに移動しまして、今年最後の深セン和僑会に参加させて頂きました。今回は忘年会とクリスマスパーティーを一緒に楽しんだのですが、江南料理と言って上海や浙江、江蘇地区の料理ですが上品な味わいですごく美味しかったです。

お店はお客様が並ぶほど大人気のお店でした。今回のレストランはナイスチョイスでした!ありがとうございます事務局の方々!

食事、自己紹介、深セン和僑会について、そして締めの言葉を無茶振りで引き受けてしまい、ちょっと悩みましたが話す訓練をいつもしておりますので、何とか話すことが出来ました。今後は事前にお申し付けください!(笑)

私にとって深セン和僑会は一番大切な時間となっております。アントレプレナーシップを大切に全ての事業やスタッフに接しております。本当に大切な事を持続することが一番難しい事だと思います。

毎回色々な方とお話をさせて頂き、毎回色々なパワーをもらって広州に戻り、良い意味でのリセットをして毎日の仕事に取り組んでいます。来年から会員制となりますが、事務局の方達にはあまり頑張らずに行って頂きたいと思います。

会員制になる事により多くの方が会に頼るような関係になった時に大きな負荷がかかります。しかし、会を運営している事務局の方達は完全なボランティア活動です。

事務局の方達も会費を払われています。その為、縦の関係ではなく実は横の関係なのです。きちんとした理解の上でみんなでどのように良いものをクリエイトするかを考える事が非常に大切だと思います。

みんなで創る会それが「和僑会」だと感じました。負荷がかかり過ぎて会った時に笑顔の数が減っていたら悲しいですし、本末転倒です。楽しみながらわくわくしながら一緒に良い会を創りましょう!!

詳細情報

2010年12月18日 (17:43) | コメント(0) / カテゴリ:中国学び

中国茶藝クリエイト





本日、午前中に中国語の講師に私が簡単な話をしました。その話の中で仕事はお金のためにするということもあると思いますが、これ以上に自己実現であったり、自分が成長するために仕事をしながら色々な能力を鍛えて、その中で自分がどのようにして行きたいのかもしくはなりたいのかというのを強く考えなさいという話をしました。

私は人間というのは、今の自分というのは昔、自分が欲しかった自分が今の自分だと思っています。たとえば自分の中国茶の知識を高めたいとかつて思っていて、それを常に実行して、頑張った結果が今の自分の知識になりますので、現在の自分というのは過去の自分が願った姿であるという話をしました。

当然色々なものに流されたりすると思いますが、その中で自分をどれだけ強く持ってるか、そしてやらなければいけないことをこつこつとこなしてこれたかというのは重要だと思っています。そのため、来年、再来年、三年後自分がどうなりたいのか、自分のどの能力をどれぐらい伸ばしたいのかというのをなるべく具体的に落とし込んだ形で考えたほうが良いという話をしました。少しずつスタッフが分かってきたと思います。

そして、午後茶芸部の会議を開いたのですが、そこで現在チャイニーズライフの会社として足りないことというのを改めて考え直しました。現在茶芸部の茶芸講座を通われている方はみなさん店舗でお金をお支払いして頂いているのですが、その部分が非常に分かりにくいということで、これからは茶芸部において単独会計という形をとる方法にしました。

これからは茶芸の教室においてお支払いをして頂くようになります。各部としての数字を明確化するためにこのように変化しております。今、全ての数字を社員が管理しております。その為、どのように良くしていくのか、後は現在至らない部分を改善して行くのかというのが私達の課題になってくると思います。

後は今後行うチャイニーズライフ老師の表演会もすべて茶芸教室で行うような形になります。そのようにして、現在足りない部分を少しずつ改善することが私は現場主義だと思っています。仕事というのは必ず現場主義でならなければいけないと思っています。今足りないもの、必要なもの、それをきちんと理解して、次の事に取り組んでいくことが大切だと思っております。

そして、茶芸講座のプレゼンテーションの話をしました。現在大高勇気中国茶塾・世界のレポートには書かせて頂いているのですが、中国茶のプレゼンを私が来年作るのですが、そのプレゼンの茶芸講座版、後は違うお茶の種類のものなどをしております。その茶芸講座版彼女達二人が責任を持って行うという話をしました。先ずは新い事に取り込むということが非常に大切だと思います。これからも是非是非色々なものをクリエイトして頂きたいなと思います。

詳細情報

2010年12月17日 (17:41) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

優秀な経営者







本日、午前中溜まっていた仕事をこなしまして、午後に商工会の方々へメール送らせて頂きました。すごく寒くなってきていますので、この季節の変化に最も適したお茶というのは紅茶と黒茶とございまして、その紹介のメールをさせて頂きました。今回書いてすごく思ったのですが、きちんと皆様にお茶の効能などや、どのような時に何のお茶を飲むと良いですよという話をしていなかったなと感じました。これも一人のお客様が私にメールを書いて頂き、気付いたことなのですが、季節によって適している中国茶というのはございます。

それを少しでも意識して飲んで頂きますと、すごく体が良い状態になったり、風を引きにくくなったりします。そのような事も定期的に皆様にメールさせて頂きたいなと思います。興味がある方はチャイニズライフのホームページからメールマガジンを登録して頂きますと、お届けさせて頂くようにしていきます。

そして、午後プリンターが壊れてしまい、修理に持って行きました。そこでスタッフが使用するパソコンを購入しました。現在、二人のデザイナーがいるのですが、その二人のデザイナーが使うパソコン、なるべく良いものを用意しようと思い、今日はそのパソコンも購入しました。 かなり速いパソコンを購入できたなと思います。そしてハードディスクも1テラバイトのものを入れて、これからデザインや動画などを作っているとすぐに一杯になってしまいますので、なるべく大きめのをチョイスして購入しました。

その後、店舗に戻りまして午前中に電話を頂いた方がご来店頂きました。こちらですごく頑張られている総経理の方で色々とお話をさせて頂いたのですが、中国で仕事をするというのは簡単なことではありません。中国が難しいというわけではなくて、環境であったり、色々な不便な部分というのは間違いなくあります。ただこの部分とどのように付き合っていくのか、もしくはどのように対応していくのかというのが 問われるのではないかなと私自身思っているのですが、この総経理の方もそのよのように思われていました。

そして、夜は私が最も尊敬している社長様と一緒に韓国料理に行かせて頂きました。この韓国料理は非常に美味しく、最近韓国料理の回数が多いのですが、私は個人的に大好きなので、すごく楽しませて頂いております。食事をしながら色々なお話をさせて頂き、これからどのようなビジネスであったり、どのような方向で動くのかというのを具体的なお話をさせて頂くと私も非常に良い勉強になりました。

経営者としてはまだ未熟者ですが、これから多くの方に有意義なものを提供できるような会社にならなければならないと思っております。まだまだ始業ですが、これからも毎日始業して行きたいと思います。

詳細情報

2010年12月14日 (17:40) | コメント(0) / カテゴリ:中国生活

来年の目標





本日、朝礼において今日の自分が願っていた自分の姿ですという話をしました。この話は時々するのですが、人間というのはなりたい自分にしかなれないと思いますし、本当になりたいと思えばそれになれる可能性というのは非常に高いと私自身思っています。ただその途中で諦めてしまったり、これが無理だと思ってしまうと、それは現実にはならないと思うのですが、ただある程度のことはかなりの確率で実現すると私は思っている人間の一人です。

その意味も込めて、スタッフに話をしました。そのため、貴方が来年どんなことを勉強したいのか、来年どんな自分になりないのか、来年自分のこの能力をどこまで引き上げたいのかというのを見えるようにしなさいという話をしました。そして、一人のスタッフと正式な契約書を交わしまして、正式社員になりました。彼女もすごく頑張り屋さんで、いつも仕事を淡々とこなしております。

ただ能力的にまだまだ足りない部分というのもありますが、これから少しずつ成長して、良くなっていくと思います。そういうお話もさせて頂きました。私はスタッフ一人一人が家族だと思っています。そのスタッフがきちんと成長することが私にとって大事なことですし、会社にとっても大事なことだと感じております。

そして、三人のスタッフにイケアで買い物をしてきてもらいました。このあと、整理をするために必要な物を買いにいて頂いたのですが、そして本日やっと大高勇気中国茶塾·世界の12月後を書き終えることができました。二つのレポートを用意しているのですが、このレポート両方とも完成することができました。デザイナーのスタッフが待って頂いたのですが、この世界に関しては私は妥協したくないというのは私の根本的な部分です。

自分の書きたいものを書きたいように書くこと、これが大切だと感じております。そのためしっかりと一歩一歩着実に書き進めてきたのですが、当然書いたり消したり書いたり消したりという作業が増えるに連れて時間ロスしてしまいます。 週日ずっと夜中まで書き続けていたのですが、これは私にとって良い勉強であり、学びの時間だと思っています。

今後もっともっと良いものが書けるように良いものを吸収しながら、自分のものにして、紹介しながら頑張って行きたいと思います。私が真剣に書いている大高勇気中国茶塾·世界ですので、もしご興味がございましたらぜひご購入頂ければと思います。

現在も一年プランというのも販売しております。一年プランですと、私が厳選した茶葉と作成中の茶漉しをプレゼントさせて頂きます。

詳細情報

2010年12月13日 (17:37) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

大高勇気中国茶塾・世界 マインドマップ





本日、大高勇気中国茶塾·世界のmindmapをアップデートさせて頂きました。これには私がどのように日頃この世界を書いているのかというのを皆様にご覧頂けるような形で公開させて頂きます。今、書いている内容というのを少しずつ整理しながら書いているのですが、なるべく体系的に、なるべくわかりやすく具体化しながら書いております。これをホームページに載せさせて頂きましたので、もしご興味がある方はぜひご覧ください。私が日頃このように仕事をしていますし、すべてをこのようにクリエイトしております。

そして、午前中一人のお客様がいらっしゃり、糖尿病と闘っているという話をされました。そのため、現在食事制限をしていらっしゃり、あとは料理の技法、作り方においてもなるべく油の少ない簡単にボイルしたものを食べているという話をされていました。体は資本ですのできちんとした体の管理というのは大切だと思います。ただ何となく分かっているのですが、なかなか出来ないのが現状だと思います。

このように書いている私もほとんど出来ていないと思います。ただ私はこだわっていることが一つございまして、普段の食事に関してはほぼベジタリアンです。これはお肉というのは私の中ではあまり必要ではないものだと感じております。当然外食などに行くとお肉を食べる機会というのは増えますので、外食ではお肉を食べますので 、日頃お肉を食べる必要というのはないと感じております。

これもなるべく体に負荷をかけずに、消化をなるべく速めたりするという意味で、今までずっと行ってきています。皆さんも機会があれば少しずつベジタリアンの方向に越して頂くと体が喜ぶと思います。体がすごく楽になると思います。

そして、今年の春節のお休みをきちんと確認しました。スタッフみんなが故郷に戻るのですが、どのような段取りで、どのように戻るかというのを一人一人と話をして、スケジューリングしていきました。春節は中国各地の都市に出ている出稼ぎの方達であったり、一般の労働者が故郷に戻ります。チケットを買うのが毎年非常に困難です。しかし、年に一回か二回戻れるチャンスですので、ぜひ長めに戻って頂きたいなと私は思っています。

その分、仕事を前倒しにして頑張って頂き、そして、休める時間を長くして家族と一緒にいれる時間を少しでも増やしてあげたいと思っています。やはり、両親がいての自分ですので、その両親に感謝をする機会もしくは時間というのを多めに提供したいと思います。そして、両親にきちんと感謝を伝えて頂きたいなと思います。この時に私は今年からスタッフにいろいろな持ち物を持って帰って頂こうと思っております。これも今後機会があれば紹介させて頂きますのでぜひ紹介できるようにレポートをまとめたいと思います。

そして、夕方色々な国に旅をされている方がいらっしゃいまして、前回言かれたスリランカで購入された紅茶のテイスディングを一緒に行いました。非常に有意義な時間を過ごさせて頂きました。お持ち頂いた三種類の紅茶と中国の紅茶、中国の白茶と飲み比べて、どのように違う、どのような味がする、香りがするというのをお話しながら楽しんだのですが、非常に面白かったです。

うちの茶芸部のスタッフも参加して、三人で行っていたのですが、味の違いや香りの違いというのはすごく明確で、こんなに違うのだという形で分かりました。その後、スタッフと少し話をしまして、今日も終わらせて頂きました。非常に有意義な一日でした。

詳細情報

2010年12月12日 (17:36) | コメント(0) / カテゴリ:大高勇気中国茶塾

このページの先頭へ