日本茶道を中国で広めるのは・・・





本日、朝礼を行いました。朝礼では、前回中国茶博覧会の時にお会いした方の話をしました。その方が日本茶道を中国で広めたら良いのではないかという話をされていました。それについてスタッフと自分の見解を話しました。正直、非常に難しいと思います。中国は歴史や文化をまだ見れる段階ではないと思っています。

午前中、販売部の状況を確認して、他にも卸売りの方達の対応などもすべて確認をしました。その後、店舗の中を少し整理しました。そして、夜、お客様と一緒に食事をしました。その時に母米粥に行ったのですが、そこで皆さんと食事をしました。そこで初めて食べたのですが、面の料理がありまして、この料理がすごく美味しかったです。皆さんも今度ぜひチャレンジしてみてください。

写真も添付させて頂きますので、是非ご覧下さい。美味しそうな感じで映っております。その後、エニーさんの昔の友人が店舗に来まして、一緒に話をしていました。今している仕事の話がほとんどだったのですが、彼女たちも頑張っていました。これからどんどん良くなるのではないかなと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  広州お茶博覧会四日目


幼稚園の子供茶藝  次の記事へ →

詳細情報

2010年12月27日 (10:09) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/938

コメントする




このページの先頭へ