幼稚園の子供茶藝







本日、広州での共同経営者の方が店舗に来ました。そして、いろいろな話をしていたのですが、そこで、私がどのようにして、最近お茶の事を考えているのかなど話をしました。そして、午後、お客様がいらっしゃいまして、お客様と話をしていました。本日の夜エニーは実家に戻りますので最後に挨拶に来て頂きました。何年という月日をご一緒させて頂いたので、すごく寂しい感じがしました。その後、夜御飯を一緒にタイ料理に行きまして、トムヤムクンを食べて、後はカレーなども食べました。そして、私が大好きなパパイヤの和え物を食べました。

そして、現在茶藝部で行っている事なのですが、子供の茶藝というのを現在動いております。その中で今までは小学生以上を対象にした子供の茶藝を作っていたのですが、今回、小学生以下の幼稚園の子供達が勉強できる茶藝を作ってくれませんかというオファーを頂きました。これから色々な形で中国の文化や歴史というのはみなさんに伝えていきたいなと思っておりますので、色々な角度で考えていきたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  日本茶道を中国で広めるのは・・・


中国カンフーの真髄  次の記事へ →

詳細情報

2010年12月28日 (10:12) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/939

コメントする




このページの先頭へ