深センの茶葉事情と深セン和僑会









本日、社員の給料を支払い、店舗で仕事をしておりました。朝、少し気になった事があり、社員と話をしていました。その時に私がスタッフの短所を指摘したのですが、ただ短所というのは今の短所であり、今後長所に変わる可能性というのは非常に高いと私自身思っております。

ただ普通はそのように考えられないかもしれないのですが、少しスタッフを傷付けてしまいました。そこでも話をさせて頂いたのですが、今何をしているのか、何に努力しているのかというのは非常に大切だと思います。短所というのは自分が足りない部分であって、補わなければいけないと分かっている部分を短所と呼ぶと私は思っています。

その為、補えば短所ではなくなってしまうと思います。当然なかなか変えられない物もあると思いますが、人間というのはなりたい自分にしかなれません。その為、なりたい自分が何なのかというのは明確化していればそれがどんな事でもできると私は思っていますので、スタッフと話をしました。

そして、私達の店舗の少し離れた所にスタジオがございまして、そのスタジオで結婚式の写真を撮っている場所があるのですが、そこが来週カクテルパーティーをするという事で、お話を頂きました。今回広州では 初めてするそうなので、どれぐらい人が集まるか分からないという話をしました。すごく面白そうだなと正直に思いました。そして、スタッフに参加させる予定です。

ただそのカクテルパーティー招待制ですのでチケットがないと入れません。チケットはうちで十枚頂きましたので、興味のある方は是非参加されて見てください。カクテルと料理が用意されているそうです。私も当日ちらっと見に行こうと思っていますが、もしかすると深圳に行かなければならないかもしれませんので、予定は現状では未定という感じです。

そして、午後深圳に行きまして、茶葉世界やその隣にある三島茶葉市場という場所を見てきました。ChineseLifeは今年の年末ぐらいから本格的に深圳に進出を考えております。その為にも市場をきちんと見るという事で、少し早めに広州を出まして、深圳の町を見ておりました。ただ茶葉世界やお茶市場を見ていての正直な感想ですが、等級があまりにも違うというのが私の感想です。

お茶市場というのは基本的にそれほど良い物を取り扱っていません。取り扱える能力がないというほうが正しいのかもしれないのですが、お茶市場に良いお茶があると思われている方がすごく大勢いらっしゃいますが、お茶市場に良い茶葉を取り扱えるほどの力は私はないと思います。茶葉世界や茶葉市場を見ていて、あまりにもひどい茶葉を売っているというのが本音です。500グラムで一番安いお茶は20元というお茶がありましたが、これは業界用語で「ごみのお茶」と呼びます。

それをすごく薦めていたので、こういうのも買う人がたくさんいるんだと思いました。ただ、そのようなお茶を飲んで体の為になるかと言ったら、必ずノーだと思います。その為、お茶というのは、もしある一定の品質の物を買えないのであれば、私は飲まない方が良いと思っています。当然体の為にお茶というのは飲みますので、それもきちんと理解した上で皆様考えられたほうが良いのではないかなと思います。

そして、深圳の和僑会で、今年一番最初の定例会に参加させて頂きました。今回、深圳の和僑会は会員制になり、その流れや事務局の方達が悩まれている事というのも私自身教えて頂いたりしました。その中で私がすごく思うのですが、和僑会に入ってから何か助けてもらえるという考えは、正直に言って捨てて頂いたほうが良いのではないかなと思います。和僑会に入って何をしてもらえるのではなくて、和僑会に入って何をしてあげられるというのが非常に重要だと思います。すべての物や事というのはギブアンドテイクで始まると思いますので何か自分が提供できるのかというのをまず先に考えたほうが良いと思います。

そういう話も深圳和僑会でさせて頂きました。深圳和僑会は私が大好きな場所で、非常に毎回行くのが楽しみな会です。その中で自分も多くの事を学ばせて頂きましたし、多くの話をさせて頂きました。多くの仲間達がいると私の中で思っています。このようなコミュニティーをこれからもっともっと大切にして、皆さんで誰かの為に、何かできるのかなと考えるとすごくわくわくしています。今後ともよろしくお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  黄金桂を語った


広州日本人商工会 新年会は最高!  次の記事へ →

詳細情報

2011年1月15日 (13:30) | コメント(0) / カテゴリ:中国学び

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/957

コメントする




このページの先頭へ