中国茶を心で楽しむ

本日、午後に販売部の会議を行いました。そして、そこで話をしたのが上司として部下に何にをしてあげられるかというのを真剣に考えなさいという話をしました。


そして、お茶の知識や自分の知っている事をどのようにして部下に教えるのかというのも、自分の中で整理をしなさいという話をしました。

一番大切なことは自分がきちんと理解するという事だと思っております。


やはり、自分が取り扱う物や紹介する物に対してきちんとした知識がなければ、お客様に紹介できないという話をしました。

これは、当たり前なのですが、お茶の世界だと少し難しいかなと思います。

なぜかと言いますと、お茶の味や香りというのは楽しむ方によって違います。全く違うわけではありませんが、個人差というのは必ず出てきます。

この個人差をどのようにきちんと表現するのかというのも、非常に大切になってきます。その為、きちんとお茶を愛すること、これが大切だという話をしました。

皆でもっともっとお茶を心から、堪能できるような形に頑張りましょうという話をしました。

もっともっと意識する事によって、お茶の味や香りというのも、どんどん変化していきます。お茶というのは心で楽しむものだと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  『日本人のグローバル化 今、本当に必要なことは何か?』~"本質解と現実解"に迫る~


広州和僑会篠崎先生セミナー開催!  次の記事へ →

詳細情報

2011年2月16日 (14:16) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/970

コメントする




このページの先頭へ