志が響く

本日、日本からお客様がいらっしゃいました。業界は違うのですが、その方と私が思っている志というテーマでお話をしました。

大勢の方達とお話をしていますが志というテーマには、ほとんど触れた事がありません。

ただ、今回は志というテーマになりまして、自分の中には志が凄く出てきました。日頃スタッフにもよく話しているのでが、志というのは人間でいうと骨だと思います。

この骨があるかないか、私にとって非常に大切なことになっております。そのため、多くの方に理解していただければ嬉しいなと思っております。

話している中で志をどれぐらい商品に込められるのかという話をしました。この込めるというのは、私は非常に大切なことだと思っております。

お茶や茶器、そして、私達が作り出すもの、きちんとして志をこめて、これからもきちんとした方向性で努力していきたいなと思っております。

本日は素晴らしい内容で話しが出来て嬉しかったです。私の志にとっても素晴らしい学びがありました。ありがとうございました。


そして、一緒に飲ませて頂いた祁門紅茶を紹介させて頂いていたのですが、祁門紅茶は中国にも非常に有名なお茶です。

世界三大高香茶の一つとされていまして、紅茶の中でのトップ行くお茶の一つです。そして、私たちが今取り扱っている祁門紅茶は伝統的な技法でしっかりと作られたものですので、ほかのところで飲まれている祁門紅茶と大分味や香りは違うと思います。

良いものというのは味も香りも当然違います。この点をしっかりとお話をさせて頂きました。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  広州和僑会篠崎先生セミナー開催!


社員と一緒にお茶市場  次の記事へ →

詳細情報

2011年2月23日 (14:39) | コメント(0) / カテゴリ:中国学び

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/972

コメントする




このページの先頭へ