私が大好きな中国緑茶の故郷―蒙頂山  vol.5

蒙頂山は四川省首都の成都から
約一時間ほどで到着します。

蒙頂山の海抜は1456メートルです。
山はすごく起伏の激しい山となっており、
低い山と高い山の見え方が非常に素晴らしい景色です。


この蒙頂山は更に
成都から奥に進んでいきますと、

晴れている時には峨眉山も少し見えます。

ちょうど成都と峨眉山の中央に位置するのが
この蒙頂山という山になります。

ここは現在観光地とされていまして
ロープウェーがあります。

このロープウェーに乗り、
一気に山頂まで行く事が出来ます。


私は春に訪れたのですが
茶農家の方達が蒙頂山のお茶を作っていました。

基本的には炒って作る物が殆どになります。

私も蒙頂山の茶農家の方達がお茶を作っているのを
横でずっと見させて頂きました。

続く・・・。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  中国緑茶の王様龍井茶を作る vol.3


中国長距離バス事情  次の記事へ →

詳細情報

2011年4月11日 (15:13) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/1068

コメントする




このページの先頭へ