私が大好きな中国緑茶の故郷―蒙頂山  vol.6

蒙頂山を訪れた方は
お分かりになるかもしれませんが、

ロープウェーを上がると
すぐに蒙頂と書いてある建物がございます。


その建物の中がきちんとした観光地とされていて、
そこからずっと歩いて奥の方まで歩くことが出来ます。


奥の方に歩いて行くと、
色々な四川省から北京までお茶を運ばれる様子や

歴史を感じる物もたくさん置いてあります。


凄く心がゆったりとして、
気持ち良い状態で観光することが出来ます。

私は素晴らしい所だと思います。
個人的には大大大好きです。


そして、その蒙頂山の裏山に行くと
素晴らしい自然が広がっています。

その自然がこの蒙頂山の茶樹を育み、
素晴らしいお茶が出来るのだと、

実感することが出来ると思います。
それほど素晴らしい土地になります。


ここには千年以上も
お茶の歴史や伝統が継承されてきたのは、
この蒙頂山の裏山にある大自然だと私は思います。

続く・・・。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  中国緑茶の王様龍井茶を作る Vol.4


2011年4月11日  次の記事へ →

詳細情報

2011年4月12日 (15:18) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/1071

コメントする




このページの先頭へ