中国長距離バス事情

私は中国の色々な所を旅していますが、
その中で良く使う交通手段は長距離バスです。

長距離バスはすごく便利です。

ドライバーの方に電話をして通り道の所で
乗客するという方法もあります。


中国ではその数がものすごく多く、
走って止まり、走って止まり、
走って止まりというのを
何回も繰り返します。


その為、乗客の方達は
怒り出す方もいるのですが、
これが中国の長距離バス事情になります。

長距離バスターミナルで買う値段と
少し走った所で乗ってくる方の値段が違い、
後から乗ったほうが若干安くなります。

それに対してもかなりの方が
ブーイングをされたりしますが、

中国ではそのような事が
まだ普通にあります。


これも中国の現状だと私は思います。
ただ一概に悪いと言えない現状もあるのです。

実は良い部分もあるのです。
バスに乗りたい人がターミナルに行かなくても
乗れるという便利さもあります。

中国では農村部と都市部の交通手段が、
まだまだ整っていないというのが現状です。

その為、農村部から都市部に行くのも大変です。
そのような方達にはなくてはならない交通手段です。


少しずつ改善されていくと思いますので、
是非中国に頑張ってもらいたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  私が大好きな中国緑茶の故郷―蒙頂山  vol.5


中国緑茶の王様龍井茶を作る Vol.4  次の記事へ →

詳細情報

2011年4月12日 (15:14) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/1069

コメントする




このページの先頭へ