武漢で過ごした素敵な時間 vol.1

今回茶芸学校の先生とお会いして、
少し話をして、

私達がどのような態度で
お茶のことをやっているのかを
しっかりと話させて頂きました。

そして、
飛行機に乗るまで時間がありましたので、
その時間を利用して喫茶店に入りました。

昨日正式にオープンした喫茶店に入りました。

ちょうど昨晩そのお店の前を通った時に
凄い人がいて盛大に何かをやっているな
と思っていたのですが、

それがオープニングセレモニーだったとは
思いませんでした・・・。(^^;)


そして、
その喫茶店に入って雲南紅茶を頼みました。

喫茶店のお薦めはコーヒーと
仰っていたのですが、

コーヒーはほとんど飲まないので、
私が好きな雲南紅茶にしました。


その雲南紅茶を飲んで、
すぐに分かった事が二つあります。

一つ目はこのお茶の味が違うということです。
つまり、このお茶は偽物という事です。


そして、
二つ目は使用しているお水が
あまり良くないという事です。

この水はどういう良くないのかと言いますと、
濾過された水を使用していましたが、

素晴らしい技術で
お水の中の物を全て濾過してしまい、

余りにも綺麗なH2Oになってしまったため、
お茶の味というのがきちんと出ません。

その為、香りがいまいち良くない
というのが一口目の感想です。

続く・・・

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  盧山雲霧のお茶工場の頂上にて Vol.3


私が大好きな中国緑茶の故郷―蒙頂山 vol.15  次の記事へ →

詳細情報

2011年4月20日 (16:27) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/1106

コメントする




このページの先頭へ