私が大好きな中国緑茶の故郷―蒙頂山 vol.10

三つ目に
皆様に紹介させて頂くのが甘露石室です。

これは皇茶園の隣に位置しております。

これは全て石で作られていまして、
中はすごくひんやりとしておりました。
外から見ると小さな部屋という感じです。


私が行った時は三月でしたので、
ひんやりというよりは寒いというイメージです。

全て石で出来ておりまして、
雨が漏らないような設計になっております。

そのため、建築物としては非常に
特別な感じがしました。

ここで呉理眞という方がお茶を栽培したり、
育てていたとされている部屋になります。
可愛い感じを受けた建物です。(^^;)

続く・・・

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  中国茶器「紫砂壺」の真相


中国緑茶の王様―西湖龍井 vol.2  次の記事へ →

詳細情報

2011年4月16日 (15:56) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/1088

コメントする




このページの先頭へ