私が大好きな中国緑茶の故郷―蒙頂山 vol.11

四つ目に
皆様に紹介させて頂くのが蒙泉井です。

これも皇茶園の隣にありまして、
ここには甘露と大きく赤い文字で書いてあります。


そのため、私はルート通りに歩いていて、
すぐ見つけることが出来た観光スポットの一つです。

ここには二匹の龍がいます。


そして、一つの珠を取り合っているような
石像があるのが、ここが蒙泉井となります。

これは甘露大師がお茶の樹を育てる為に、
自らこの井戸に来て、水を汲んでいたそうです。


このような伝説は素晴らしいと思います♪
これからもしっかりと守って頂きたいですね!

続く・・・

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  中国茶器「紫砂壺」の見解


中国緑茶の王様―西湖龍井 Vol.3  次の記事へ →

詳細情報

2011年4月17日 (16:03) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/1091

コメントする




このページの先頭へ