私が大好きな中国緑茶の故郷―蒙頂山 vol.14

蒙頂山は
かつて貢茶と言われていまして
皇帝に献上されていたお茶です。

その貢茶が2004年に復活したのです。

全てのプロセスを
以前と全く同じように作りました。


360枚のお茶の芽を摘み、
その芽を器に入れて
その器を蒙頂山のお寺に持っていきました。

そして、お昼の12時から
お坊さん達が蒙頂山の貢茶を作り始めます。


全部で10人の和尚さんが
お茶を作るのですが、

新鮮な茶葉を鍋に入れた後に
ゆっくりと茶葉が焦げないように炒り始めます。


その時に凄く良い香りがします。
そのしっかりと炒った茶葉を形にして、

きちんと乾燥させた後に、
その茶葉を金で出来た器に入れます。


昔から金の器に入れるのは
貢品と呼ばれ、
皇帝に献上されるお茶になります。

この金の器に入れまして
皇帝のマークが入っている箱に収めて、
北京へと運びました。

これがかつての貢茶と呼ばれ、
皇帝に献上されるお茶になります。

続く・・・

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  盧山雲霧のお茶工場の頂上にて vol.2


盧山雲霧のお茶工場の頂上にて Vol.3  次の記事へ →

詳細情報

2011年4月20日 (16:19) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/1101

コメントする




このページの先頭へ