盧山雲霧のお茶工場の頂上にて vol.2

今日は朝からお茶工場に来て、
そしてお昼までお茶摘みをして、

お昼は農家の方達と一緒にご飯を食べ、

午後またお茶畑に来てお茶摘みをして、

そして農家の方達と一緒に山を下りて
今日の夜はお茶を作ります。


その為、
農家の所に泊まらせて頂きます。

このようにして、
農家の方達と本当の意味でのコミュニケーションをとり、

農家の生活や彼らの悩み
そしてどのような事を考えているのかというのも

きちんとした理解だと私は思っています。
取り巻くものもしっかりと理解する必要があると思います。


お茶というのは必ず
人の手によって作られています。

その為、
その人達がどのような事を考え、
どのような事を思い、

このお茶を作っているのかというのを
きちんと理解しなければ、

私は本当にこのお茶への理解というのは
出来ていないのではないかなと思います。


ちょっと来て
写真を撮って帰るというのは
私は好きではありません。


本当にお茶と真正面で付き合って、
お茶の事をきちんと考えて、
お茶の事をきちんと話して、

農家の方達と一緒にお茶を作るというのは
私にとって最高の幸せです。


それをこれから皆様に理解して頂き、
お茶がどのような産地で作られるのか

茶農家の方達がどのような思いを持っているのか
というのをもっともっと多くの方達に
理解して頂ければと思います。

これからもっともっと頑張りますので
よろしくお願い申し上げます。

今晩のお茶作りが非常に楽しみです。

続く・・・

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  私が大好きな中国緑茶の故郷―蒙頂山 vol.13


私が大好きな中国緑茶の故郷―蒙頂山 vol.13  次の記事へ →

詳細情報

2011年4月19日 (16:13) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/1097

コメントする




このページの先頭へ