中国緑茶の王様龍井茶を作る vol.3

私も昨日、龍井茶を作ったのですが、
最初から最後までの工程を全て自分で作りました。


この作ると言う事は、
私にとって非常に大切な事だと思います。

農家の方達の苦労や大変さやどのような思いで、
お茶を作っているのかを体験させて頂きました。

作る事により、
きちんと理解する事が出来ると思っております。


私自身もっともっと農家の方達が、
どれぐらい大変な思いでお茶を作っているかを、

理解する為に色々な産地でお茶を作り続けます。


そうする事により茶葉への感謝、
茶農家への感謝が出来ると思います。


お茶と言うのは出来てしまうと簡単で、
飲むのも簡単ですが、作るのは凄く大変です。


中国でも今、若い人材が不足していて、
お茶を摘む人達が凄く減っています。

これは季節労働者と言う考え方になりますが、

お茶がある時だけ仕事があり、
一定の時期を過ぎてしまうと仕事がなくなってしまいます。

この季節労働者がどんどんと減っています。
生活の安定を求めれば当然の事なのかも知れません。


当然生活も豊かになり、
そのような仕事しなくても、
生活が出来ると言うのは大きな理由だと思うですが、

これからお茶も色々な課題や、問題を解決しながら
一歩ずつ前進して行きくと思います。


このような事もきちんと考え、
どのような方向性で、
どのような事をしなければいけないのかを
きちんと理解する動きをしていきます。


これからも多くの産地を歩き、
多くの方達と交流をして、
良い中国茶を皆様にお伝えしていきます!

続く・・・。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  大高勇気製茶―最高級毛峰


私が大好きな中国緑茶の故郷―蒙頂山  vol.5  次の記事へ →

詳細情報

2011年4月11日 (15:02) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/1067

コメントする




このページの先頭へ