私が大好きな中国緑茶の故郷―蒙頂山 vol.8

蒙頂山には大きく分けると
六個の観光スポットがあります。

まず一番最初に天盖寺というお寺がございます。

これは蒙頂山の頂上にありますが、
漢の時代に作られました。

しかし、
宋の時代に再建したお寺になりますが、
この周りには十数本の千年の銀杏の木があります。

私も銀杏の木を見ましたが、
立派で凛々しい姿の木でした!

これがこの天盖寺の特徴になります。

後は一番最初にお茶を植えた方、

「呉理眞」という方がいるのですが、
その方がお茶を植えた場所と言われています。

蒙頂山の中でもお茶のテイスティングでは
最も良い場所とされております。

続く・・・

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  中国緑茶の王様龍井茶を作る vol.6


紫砂壺の故郷に来た理由  次の記事へ →

詳細情報

2011年4月14日 (15:37) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/1082

コメントする




このページの先頭へ