中国緑茶の王様龍井茶を作る vol.8

龍井茶は1932年の時に、
お茶畑の大きさが三つの産地を合わせると、

215世帯のお茶農家の方達が
お茶を一生懸命作っていました。

その当時は700担(35,000kg)
と大量の茶葉が作られていました。


そして、その後
改革開放があり新たな中国が始まり、

龍井茶は新しい世界に突入していきます。

それがどんどん面積が拡大されて
生産量もどんどんと増えていきました。


その後、
国も力を注ぎどんどんと面積を広めて、
産地は大きくなり生産量も多くなってきました。

その為、中国の中でも有名なお茶とされ
ここの龍井茶の茶農家の方達は

中国でものすごくお金持ちになった農家です。

そして、
中国茶博物館や龍井村や観光スポットもたくさん作られ、
今では人気の観光スポットされています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  中国緑茶の王様龍井茶を作る vol.7


武漢で過ごした素敵な時間 vol.2  次の記事へ →

詳細情報

2011年4月23日 (16:29) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/1107

コメントする




このページの先頭へ