西湖龍井 Vol.5

龍井茶の品質と品種、季節、栽培管理など
色々な事が茶葉の品質を決めると言われます。
その中で、季節について皆様に
お話をしたいと思います。

清明節の前に摘まれる物を明前茶と言います。
清明節の後に摘まれる物を明後茶、
もしくは雨前茶と言います。
そして、最後に谷雨の後に摘まれたお茶を
雨後茶と言われています。

中国茶は季節によって
三段階に分けられています。
この三段階の差の開き
は非常に大きな物になります。

厳密に言いますと
一日一日価値が違います。
その一日一日の中にも何種類とありますので、
色々な価格帯のお茶があるという理由です。

その為、全ての等級を含めると、
数多くの等級が作られています。

そして、清明節の前後が良いのかと言いますと
火を入れる前はすごく柔らかい茶葉で、
火を入れると老いたしっかりとした茶葉になる
という表現を清の時代に乾隆皇帝が言っております。

全くその通りだと思います。
そして、龍井茶の品質を見分けるのに、
二つの重要なポイントがございます。

それは乾いている状態の茶葉を見ます。
言葉を簡単にするのであれば外形を見ます。
色合い、形、滑らかさなど
茶葉をきちんと見ています。

もう一つは淹れた後の内質を見ると言い、
外形と内質と二種類に分かれています。
一つは外から見える部分、
もう一つは中の部分です。

特徴は前回もお話させて頂きましたので
参考にして頂ければと思います。
一番大切なのは香りが良い状態で、
お茶が作られたかが非常に重要です。

皆様、香り、味わいを飲んで
是非試して頂ければと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  本物の西湖龍井の見分け方 Vol.4


感動しました  次の記事へ →

詳細情報

2011年5月 4日 (16:49) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶関連

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.otakayuki.com/mt/mt-tb.cgi/1118

コメントする




このページの先頭へ