中国広州店舗関連 の最近のブログ記事

キッズサッカー

私はサッカーを通じて、
子供達の見本となるお話をさせて頂きましたが、

今、大人が子供にとって憧れる存在に
なっているのかをよく考えます。

もし子供が大人を憧れなくなってしまった時に、
私は危ない世界になっていると思います。

憧れる事は夢を持ち、
目標を持ち、それに向かって、

頑張りたい!!

と思う素直な気持ちだと私は思っております。

その素直な気持ちが段々と減っている事に、
変化があるのではないかなと思っております。
この様な事を考えながらきちんと

これから大人として
何をしなければいけないのか、

これからの社会をきちんと見据える事。
出来るように努力する事の大切さ。

方向性は非常に大切だと思いますので、
きちんとした方向性を持ち、
きちんとした計画を立てて、
一つずつ実行していきたいと思います。

詳細情報

2011年4月24日 (16:39) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

キッズサッカーのコーチを通じて感じた事

もう一つ感じた事ですが、
人は皆、教育者だと思っております。

学校の先生や塾の先生だけが教育者
という訳では私はないと思っております。

皆が教育者であると私は思っております。

ただ多くの方にはそのような自覚はないと
正直思う事も多々あります。

私は社長業を行っておりますので、
社員を育てるのが私の仕事になります。
会社の中で私は社員の教育者とした位置にいます。

弊社の社内では上司が何人もいます。
上司は部下の教育者という位置付けになります。

その為、会社で働いている方も
きっと部下がいると思います。

その部下に対して自分が教育者になっているという事です。

家族も同じです。
お子さんの教育者は当然ご両親になります。

その為、多くの場で
教育者として何をしなければいけないのか
どのような行動を示さなければいけないのか
どのような考えを伝えなければいけないのかは
非常に重要だと思っております。

お父さんとお母さん達が、
元気がない事があると思います。
人なので落ち込んだり、喜んだりすると思いますが、

教育者という面で見れば、
落ち込むというのは他の人に良い印象を与えない
事が殆どだと思います。

当然自分が非常に苦しかったり
大変だったリすると思うのですが、

教育者として上に立つ人間
もしくは下の方達が目標とする人間である
という認識をした時に、

必ずきちんとした方向性を示してあげる。

そして、私のようにする事があなた達にとっても
大切な事ですと見せるのが教育者だと思います。

その為、人と接している時に、
良い影響を与えるか
悪い影響を与えるかは、

これからもっともっと大切になってくるのではないかと
私は思っております。

多くの方が自分は教育者と言う自覚を持って考えた共に
一歩一歩前進して頂ける事を心から願っております。

教育者が変われば、
学習者は変わります。
学習者が変われば、
学習者が作り出す未来は変わると
私は思っています。

その為、
教育者の方がきちんとした意識、目標を持ち、

どのように下の人間を引っ張っていくのか
育てていくのかを是非一度考えて頂きたいです。

この社会が良くなる為には
リーダーがリーダーとして働くべきだと思います。

どんなに辛い時があっても
笑って大丈夫と言える大きな人間
それが大切な事なのではないかと思います。

詳細情報

2011年4月23日 (16:36) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

キッズサッカーのコーチを通じて感じた事

本日は今年度初めての
キッズサッカーがありました。

私もコーチとして行かせて頂いたのですが、
今日コーチをしていて、
凄く感じた物を皆様に紹介させて頂きたいと思います。

私は現在二つの場所で
キッズサッカーを教えております。

私がいつも考えている事
それはサッカーのコーチの時に
きちんとしたコーチをする事です。

当たり前の事ですが
非常に難しい事だと私は思っております。

コーチとして、
どのような事をしなければならないのか
どのように子供を少しずつサッカーが
上手になるようにするのかを

色々な角度から考え、
色々な練習方法を実行しております。

これが非常に大切な事だと私は思っております。

その上で私は子供とサッカーをする時に
ある程度の所まできちんと蹴ります。

子供がとれないくらいまでドリブルをします。
これは子供達が目標とする場所を

きちんと示してあげる事
これが大切だと私は思っております。

きちんとした目標があれば
それに向かって何をしなければならないのか、

今後こういう事をしなければいけない
という計画が立てられると思います。

その為、きちんとキッズサッカーでは
コーチが上手だという事を見せています。

子供達が目標とする事により、
いくらでも上手になりますし、
いくらでも頑張れると私は思っております。

何でもそうだと思うのですが、
目標設定は非常に大切だと私自身思っております。

きちんとした目標を持つ事
その目標に向かって進め方を考える事。
いくらでも上手になると思っております。

続く・・・

詳細情報

(16:33) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

きちんとした方向性とwishlist

本日、広州で働かれているお客様がいらっしゃいました。そして、お茶の紹介をさせて頂きました。

私たちが取り扱っているお茶というのはすべて農家の方達がしっかりと手作りで作っているものを取り扱っています。

それには農家の方達の感謝であり、努力であり、そして、美味しいものを作ろうという志を私たちが大切にしております。

黄金桂のお茶を淹れさせて頂きましたが、甘みがあって、後味もさらっとしていますので、非常に優しい味わいでした。香りというのはこのお茶のならではだと思います。

そして、その方とお話させて頂いたのですが、すごく方向性で迷っていらっしゃいました。私は方向性というのは迷うことも当然必要だと思っています。

ただ迷うだけではなく、きちんとした方向性を持ちながら迷うことも大切ではないかなと思っています。


今うちではスタッフがみんなwish listを書いています。このwish listの話をさせて頂きました。

そして、きちんと何か自分のことを理解して、どのような方向に向かって頑張っていくのかというをもうちょっと見えると、たぶん悩んでいる内容や悩み方も変わってくるのではないかなと思います。

まだまだすごく若い方ですので、ぜひ良い方向を見つけて、その方向に努力して、もっともっと輝けるようになって頂きたいなと思っております。

詳細情報

2011年3月 9日 (14:45) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

中国茶を心で楽しむ

本日、午後に販売部の会議を行いました。そして、そこで話をしたのが上司として部下に何にをしてあげられるかというのを真剣に考えなさいという話をしました。


そして、お茶の知識や自分の知っている事をどのようにして部下に教えるのかというのも、自分の中で整理をしなさいという話をしました。

一番大切なことは自分がきちんと理解するという事だと思っております。


やはり、自分が取り扱う物や紹介する物に対してきちんとした知識がなければ、お客様に紹介できないという話をしました。

これは、当たり前なのですが、お茶の世界だと少し難しいかなと思います。

なぜかと言いますと、お茶の味や香りというのは楽しむ方によって違います。全く違うわけではありませんが、個人差というのは必ず出てきます。

この個人差をどのようにきちんと表現するのかというのも、非常に大切になってきます。その為、きちんとお茶を愛すること、これが大切だという話をしました。

皆でもっともっとお茶を心から、堪能できるような形に頑張りましょうという話をしました。

もっともっと意識する事によって、お茶の味や香りというのも、どんどん変化していきます。お茶というのは心で楽しむものだと思います。

詳細情報

2011年2月16日 (14:16) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

スタッフの責任感















本日、深センに来ております。そして、S社長のオフィスにご一緒させて頂きました。オフィスでは、深センできちんとした形で会社を進められている社長さんに私達が取り扱っている物をプレゼンさせて頂きました。今まであまり外でプレゼンさせて頂く事というのはあまりなかったのですが、今後このような機会も少しずつ増えてくるのではないかなと思いました。

現在ChieseLifeではBtoBがメインで、それから店舗ではBtoCのような形を取らして頂いております。その中でBtoBの取引きが少しずつ増えるように、きちんとした会社作りをしていきたいなと思います。その後、一緒食事をさせて頂きました。広東料理のお店で、凄く高級な料理を頂きました。写真を添付させて頂くので、ぜひご覧になってください。深センでも結構有名なレストランだそうです。住所はわかりませんが・・・。

そして、午後、私は広州に戻りまして、その後、スタッフと簡単な会議を開いた後に、社会人サッカーの方に行きました。最近足の調子もだいぶ良くなってきましたので、これから定期的に動きながら少しずつ体をもう一度鍛え直していきたいと思っております。

今日、スタッフが責任者になり、隣の会場を借りて、展示会をしていたのですが、その展示会に人が入らずに、担当した責任者が私にすみませんでしたと謝ったのかすごく印象的でした。彼女は今回、この展示会のために色々な準備を進めていました。ただ、その中で彼女は感じたのは、ここまできちんと準備をして、お客様があまりいらっしゃらなかったという事を、これが彼女の中では少し腑に落ちなかったなと思いますが、私としては非常に素晴らしい一歩だという話をしました。

当然したことのないものをいきなり成功させるのはほとんど無理だと思います。そのための大切な一歩だったのではないですかという話をしました。人間、成長が大切で、失敗があっても、それを如何に自分の物にするのか、そして、次に備えるかというのが大切ですので、それほどあまり気にすることはないですよという話をしました。ただ、今回学んだ事をきちんと書き記して、今後の会社のためになる事を考えなさいという話をしました。きっと彼女にとって良い経験になったのではないかなと思います。

詳細情報

2011年1月22日 (13:55) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

自分にとっての幸せな時間









本日は、朝からブログの文字起こしをしておりました。そして、日本の卸売りのお客様から中国茶のサンプルの依頼を頂きまして、サンプルの用意をさせて頂きました。そして、今、デザインしている新しいパッケージがあるのですが、そのパッケージを確認しました。そして、サンプルをチェックしました。今後パッケージでも少しずつ変えて行こうと思います。中国茶を飲まれた事のない方達に色々な中国茶をテイスティングして頂けるようなセットを作りたいなと思っております。そのため、現在、パッケージでいろいろと動いております。

そして、お昼は上海からいらっしゃっているSさんと広州にいらっしゃるSさんと一緒に精進料理を食べに行きました。一月だけでもかなりの回数こちらのお店に来ていますが、毎回違う物を食べていまして、すごく味付けも良くて、食感や素材へのこだわりもあるレストランだなと思います。
そして、以前一緒に言った武夷山の話や上海での話、広州での話など色々とお話をしました。非常に面白く楽しい時間を過ごさせて頂きました。

そして、夕方、卸売りのお客様の段取りをしまして、夜はメールの整理をしておりました。最近、色々な方が広州にいらっしゃり、私もその方達と一緒にお食事をさせて頂いたりする機会が増えております。色々な方とお話をして、色々な方から見た中国茶や、例えば中国というのは私がいつも考えている物と、また違う物が考えさせられて、非常に面白いなと思います。今後も皆様、広州にいらっしゃる際はぜひお声をかけて頂ければなと思います。

詳細情報

2011年1月18日 (13:50) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

終わらせるべき仕事















本日、朝礼を行いまして、仕事の計画と質と速度を引き上げるというタイトルで話をしました。 来週にはだいぶスタッフが故郷に戻り始めます。その為に、今終わらせるべき仕事というのは必ず終わらせて故郷に戻ってくださいという話をしました。当然責任感というのは非常に重要で、自分を伸ばす、非常に良い物だと私は思っています。その為、朝礼では少し強めにお話をさせて頂きました。

その後、店舗を管理しているスタッフと会議を開き、どのようにお茶を紹介したり、皆様に説明させて頂くのかという話をしました。現在、店舗を管理しているスタッフ達は日本語を話す事ができるのですが、まだまだ上手と言えるレベルではありません。これからもっときちんとした形で勉強して、きちんと日本語で紹介できるようにならなければならないという話をしました。その為に、日々勉強する事は大切ですと伝えました。
そして、IT部においては未来の仕事をしなさいと言いました。現状では現在の仕事しかできていません。なので、過去の仕事をする前に未来の仕事をしなさいという話をしました。

そして、日本からお客様がいらっしゃいました。そのお客様と一緒に昼食をとらせて頂きました。昼食は最近私がものすごく気に入っている精進料理の店に行きました。ただ精進料理なのですが、お肉や魚が非常に良く出来ていまして、凄く美味しいです。そこで色々なお話をさせて頂きました。日本でどのように頑張っているのか、こういう事をしていますというのをいろいろお話させて頂き、その後、店舗に戻りまして、中級の表演を旦那様と一緒に受講して頂きました。

今回、奥様は初めてこのような盧山雲霧の表演をするので、凄く楽しみながら受講して頂いた事に、私としてすごく嬉しかったです。やはり、皆様の笑顔や楽しい気持ちというのは私達にとって本当に最高のプレゼントになります。私達がもっともっと頑張って、いろいろな方に笑顔や楽しい気持ちというのは提供しなければならないだなと毎日そんな事を考えております。

そして、一通り勉強して頂きまして、店舗に下りてお茶を飲ませて頂きました。そして、ChineseLifeの今後の方向性やどのように考えているのか、そして、どのように展開していきたいのか、中国の市場という意味で上海を見ていますが、ただ上海は、すぐというわけには行かず、恐らく二年後になると思いますが、上海の位置付けであったり、上海に行く事によってどんな事を見ているのかという話もさせて頂きました。旦那様が非常に優秀な方でシェアがとても広く、色々な事をご存じです。その為、私もぜひお話をする中で学ばせて頂きたいなと思いますし、私の考えがどのような物なのかというのも教えて頂きたいなと思い、いろいろお話をさせて頂きました。

これから半年ごとに中国というのは進化して行くと思います。その流れの中でどのような物を見て、どのような物を感じて、どのような方向に歩いて行くというのが非常に大切であり、きちんと把握した上で考えて行かなければならない事というのはたくさんあります。そういう意味で非常に大切な時間でしたし、中国の現状などもお話をさせて頂きました。

今後もいろいろな方が中国に来られると思います。その中で中国をきちんと好きになる事、これが大切なのではないかなと思います。中国の嫌な事を言えば、当然きりがないと思います。それは文化の違いであったり、歴史の違いでもあると思います。でもここは中国ですので、中国の物を好きになったり、中国を好きになる事が私は大切だと思っております。今日一日ご一緒させて頂きまして、非常に有意義な時間を過ごさせて頂きました。どうもありがとうございます。

詳細情報

2011年1月17日 (13:48) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

黄金桂を語った







午前中、大高勇気中国茶塾·世界の最終確認をしました。今回は黄金桂の内容を書きましたが、黄金桂がマーケットでどのように見られているとか、どのように理解されているという話から黄金桂のテイスティングの仕方、後はどういう所を見るのか、どういう所を感じるのかという話をしております。この世界については皆さんの素晴らしい感性というのを育んで頂きたいなと思っております。感じる事によってすごく多くの感情であったり、考えというのも出て来ると思いますので、是非素晴らしいお茶を感じながらこのレポートを読んで頂きたく思います。

そして、午後キッズサッカーのお母さん達がいらっしゃいまして、三月に本帰国されるのですが、私としても非常に寂しい感じがします。一年半子供達を教えてきて、当然私も本当に多くの事を学ばせて頂きました。その中で色々な形で接点があり、色々な話をさせて頂いた方達が次第に戻られてしまうのは私としても非常に心が痛い事です。ただここ広州で生活をするという事はそういう事があたりまえだと思うべきなのかもしれませんが、素直にあたりまえと思えない自分もいたりして非常に心が痛い一月でした。

一月に本当に多くの方が戻れられてしまいました。良くして頂いた方、親友であった方、お客様、皆さん帰られてしまいました。広州にいらっしゃる方も当然たくさんいらっしゃいますが、何かお友達が減ってしまうような感覚があります。

そして、上海からSさんがお店にいらっしゃいました。そして、今回紫砂壺を選ばれていたのですが、非常に良い紫砂壺を購入されていました。紫砂壺というのは私の中ではすごく大切な物という位置づけです。当然品質が良くなければいけませんが、品質が良いという条件下では一番大切なのは大切に使う事ではないかなと思います。しっかりと心をこめて育てる事、これが紫砂壺では非常に大切だと思います。私も店舗で使っている紫砂壺を大切に使っております。

是非皆様にも大切に使って頂けたら私も嬉しく思います。そして、夜広州和僑会がこざいまして、広州和僑会の最近の流れや自己紹介させて頂きました。これについては今後広州和僑会としての位置づけやどういう物を目指しているのか、どういう事をしたいのかというのをもっともっと明確化しながら皆さんと一緒に素晴らしい会を作って行きたいと思っております。広州和僑会の記事はまた別で書かせて頂きたいと思います。

詳細情報

2011年1月14日 (13:26) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

やっぱり大好きな精進料理















本日、午前中に中国での共同経営者の方がいらっしゃいました。今回は私達が行っている茶芸講座、これを中国の政府機関の方達にもきちんと見て頂こうと思いまして、何名かの政府関係者がいらっしゃいました。

そして、私達の茶芸講座はどのような物を学ぶのかというのを全て一通り見て頂きました。その時にも、私がお話させて頂いたのですが中国茶もしくは中国茶文化が、どれだけ中国の文化や歴史に携わっているのかというのを皆様にもっともっと知って頂きたいなと思います。これは日本の方だけではなくて、当然中国の方には、もっと知って頂きたいなと思います。そしてもっと多くの方達がこの茶芸やお茶の文化を大切にする事によって、より良い物が作られるのではないかと思います。

そして、お昼は私が大好きな精進料理のお店に行きました。もう既に何度も来ているお店なのですが、私は非常にここの料理を気に入っています。今回も、写真を何枚添付させて頂きますが、お肉を使わずに肉のような触感の物を作り出すのですが、非常に美味しいと思います。普段の生活はベジタリアンみたいな生活をしているので、特に美味しく感じるのかもしれません。

そして、夕方に中国人の女性の方がいらっしゃいまして、少しお話をさせて頂きました。彼女は今夢や目標、そして、希望などを失っているようでした。そして、彼女の為になればと思い、私がいつもスタッフに話をしている目標の設定の仕方やどのように将来を造り出していくのかという話をしました。非常に良い影響を受けて、すごく笑顔になったのが私個人的には嬉しかったです。 (すごく書きたい内容がありますので、詳細は大高勇気中国茶塾・世界に記載させて頂きたく思います。)

今、先進国の方達というのはどんどん夢や希望というのが少なくなりつつあるのかなと思います。逆に言えば、非常に現実味を帯びた事しか考えられないという状況だと思います。もっともっと皆さんが面白い社会を作っていきたいなと思います。

詳細情報

2011年1月 9日 (11:10) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州店舗関連

このページの先頭へ