中国広州中国茶博覧会の最近のブログ記事

広州お茶博覧会四日目









お茶の博覧会の最終日ですので、本日もお手伝いに行かせて頂きました。その場で知り合った紫砂壺の先生方とお話をしていたのですが、紫砂壺を造られている方というのは皆さん芸術家です。きちんとした自分の考えを持ち、自分の作品や考え方、これを非常に大切にされていて、すごく良い角度で多くのものを吸収されているなと思っています。

私は、こだわりというのを非常に大切にしております。何かにこだわれる人間というのは、きちんとした考えを持っていたり、きちんとした未来を見ていたり、どのようにことが進んだ時にどういう風になるという自分の意見を持っていると思います。そういうことを私は大切にしておりまして、今回お茶博覧会も参加した時に、色々な先生とお話をさせて頂きました。

そして、今考えていることやどんなことに夢中になっているという話もしまして、私にとって有意義な時間だったなと思います。これから少しずつ色々な方達と接する機会が増えると思います。その中で自分も当然何をしたいのか、何をするべきなのかということを考え、実行したいと思います。きちんと突き詰めて考える必要性というのはあると思います。その中で、共感できる方や共鳴できる方、その方達と一緒にこの中国茶を世界に伝えて行きたいと思います。

そして、本日はプーアル茶の社長さんが私達の店舗にいらっしゃるというお話を頂きまして、急いで準備をして、外で食事を食べた後に店舗に行きました。そこで、プーアル茶を飲む前に社長さんが私が今一番好きなお茶を飲ませてくださいという話をされましたので、私が今年の祁門紅茶の一番良いものを淹れました。

祁門紅茶はきちんとした製法で作られていまして、その製法が今も伝統的なものとほぼ変わらないです。この祁門紅茶の評価は私の中で非常に高かったです。社長さんも今までこんなにおいしい祁門紅茶を飲んだことがないと言われました。

お茶というのは共通していますし、色々な産地や製造方法で違いがたくさんあるのですが、その中で拘っているものというか、考えているものというのは皆さん共通している部分というのが当然ございます。そして、社長さんのプーアル茶を飲みながら色々な話をしていました。

今まで私が広州でどのようなことをしてきたとか、後は私達の茶芸講座はどんなものかとか、日本においてどんな形で中国茶を広めて行くのかということまでお話をさせて頂きました。だいぶ夜遅くまでお話をさせて頂いたのですが、本当に私にとって有意義な時間を過ごさせて頂きました。来年もっと頑張って、きちんとしたもの多くの方達に見されるように頑張らなければいけないなと思います。

詳細情報

2010年12月26日 (10:07) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州中国茶博覧会

広州お茶博覧会三日目













本日も朝からお茶の博覧会に参加しています。三人のスタッフを連れて参加しています。本日茶芸の大会最終日ということで、IT部のスタッフに試合の様子を撮って頂きました。来年参加したいスタッフがいれば、ぜひ参加して頂きたいと思います。このような挑戦や、今まで自分がしたことないことをするというのは新たな自分を発見するという可能性もあります。

それ以上にそのプロセスの段階で学べることが非常にたくさんあると思います。人間あらゆる可能性があると私は思っていますが、その可能性を自分で掴みに行くのか行かないかというのは当然個人差ですので、人間に出来ないことはないと私は感じております。そのため、挑戦するスタッフがいれば私もきちんとした形でサポートできるように考えております。

そして、プーアル茶の社長さんとお話をさせて頂いたのですが、その際にきちんしたとプーアル茶の知識であったり、お茶に対する知識、お茶をなぜ飲むのかというようなだいぶ掘り下げた内容までお話をさせて頂きました。このような素晴らしい方とお話をさせて頂きる時間があることに対して、私はすごく幸せに感じます。

スタッフにも真剣にお話をして頂き、本当にありがとうございました。色々な形で人というのは助けあって生きていると思うのですが、その助け合いというのを非常に分かりやすい形で頂いたような気持ちです。私もきちんとした形でプーアル茶や中国茶を多くの方達に紹介させて頂きたいなと思います。その為にも私自身今以上にもっともっと学なければなりませんし、今よりに頑張らなければいけないことも多々あると思います。一歩一歩着実に頑張って行きたいと思います。

そして、本日は私が尊敬している社長さんと一緒に食事をさせて頂きました。今年最後の食事ということで日本料理に行きました。非常においしい料理を頂き、 毎回多くのことを学ばせて頂き、そして色々なことに気付かせて頂いております。このような機会を私自身きちんと大切にしまして、良い形で自分の中に消化して、これから一歩一歩着実に歩いてことが大切だと思います。来年の目標や計画などもお話をしました。来年きちんとした足取りで中国茶を紹介出来るように今から来年の目標を練っております。

詳細情報

2010年12月25日 (10:05) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州中国茶博覧会

広州お茶博覧会二日目













本日朝からお茶の博覧会に来ています。予定としては昨日、今日、明日、明後日と四日間参加する予定です。今回私がChineseLifeで取り扱う七子餅の社長さんが参加されていますので、その方のお手伝いも含めて行きました。

色々なブースの方達とお話をしながら歩いていたのですが、そこでお香を販売されている方がいらっしゃいまして、その方とお話をしていた時に、色々なビジネスモデルがあるという話をしていました。中国で日本の茶道を広げたらすごく良いビジネスのチャンスになるのではないかなとその方が仰っていました。

私は表現の仕方もしくは考え方によってはすごく良いと思いますが、実際軌道に乗るまでは少し難しいものがあるかなと感じております。その中で色々な交流というのは非常に重要だと思います。

今回、面白いなと思ったのはティーパックの機械を作られている会社が三社ほどございました。その会社の方達と色々な形でお話をしていたのですが、機械は壊れた時には修理をきちんとするというような話をしていましたが、中国では機械などは非常に壊れやすいというのが本音だと思います。

日本の機械のように精巧には出来ておりません。ただ修理してくれるということでそういう考えもあるかなという感じがしました。感じの良い社長さんでした。そして、プーアル茶の社長さんとお話をしながらお茶を飲んでいました。

今後も色々な形でプーアル茶を紹介して行きたいと思うのですが、その中でどのような方向性を見ているか、どのような考えがあるのか、そして、どのようなマーケットを造り出したいのかという形でビジネス的要素が多かったのですが、話をしておりました。

来年、日本でお茶の博覧会がある際は参加して見たいなという話もあります。そういう時期に来てるのかもしれないと私自身思っておりました。そして、その後、華僑職業学校に招待して頂きまして、中国カンフー表演を見させて頂きました。

この学校で毎年三回ほど行われるのですが、世界各地華僑の息子さん達を対象にした育成講座のようなものが開かれまして、中国の文化や歴史を学ぶことができます。あと中国の武術、カンフーなども学ぶことができます。非常に厳しい修行なのですが、このようにきちんとした中国の文化や歴史を伝承して行きたいという素晴らしい考えを持たれていると思います。

今後、私がお手伝いことがあれば是非させて頂きたいなと思います。写真もこの記事に添付させて頂きますのでぜひご覧ください。海外で活躍されている華僑の息子さん達が中国の文化や歴史をきちんと経験して、体得して海外に戻られます。

今回はクリスマスイブの表演ということで、色々な催し事や歌や踊りなどもあり、非常に楽しい夜を過ごさせて頂いたと思います。

詳細情報

2010年12月24日 (10:01) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州中国茶博覧会

27日の茶博覧会に参加します。

本日は朝からずっと信念と理念のビデオを撮っていたのですが、
どうしても、言葉がつまったり、光の加減であったり、
話す速度などいろいろな方面から考えていると、
なかなか前に進まないというのが現状でした。

昼間、店舗で撮影をして、そのあと夜も撮影をしたのですが、
夜はどうしても撮った感じが青くなってしまうので、
これは使えないなと思い、諦めました。

そうすると夜、先生から電話があり、
明日の博覧会に参加するだろう?みたいな形で言われたので、
明日、急遽博覧会に行くことにしました。

去年はさっと行っただけなので、
あんまり見れていないのですが、
今年はもうちょっと細かく見ながら、
色々な方達と話をしたいなと思っています。
明日の博覧会が楽しみです。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2009年11月26日 (15:24) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州中国茶博覧会

広州茶博覧会

本日早朝に以前お世話になった先生から、
電話があり今日は博覧会に参加するから来ないか?
という電話を頂き、顔を出さなければならないという使命感。(^^;)
スタッフと共にビデオとカメラを持ちながら会場へ。

会場には9時過ぎに到着しましたが、
まだそれほど人が来ていませんでした。
そして茶藝表演の試合会場に行くと9時から始まっていました。
少し出遅れた感じはしましたが、すぐにビデオをセット。

その後、声をかけて頂いた先生と近況などを話し、
茶藝講座の事や茶藝師試験の事も色々と話し合いました。
しっかり茶藝師という国家資格が守られる事を願っています。
だからこそ教材や練習などに拘り続けてきました。
そしてこれからも変わらず拘っていくと思います。

その後、色々な場所を写真を撮りながら、ふらふらと歩いていると、今回は色々な場所から招待しています。
四川省や台湾や潮州や広東省など場所毎に分かれているのが印象的。
このように広州では見かけない茶葉というのは面白いですね。
台湾茶のコーナーで本物の台湾茶は質も良いですが価格も良い。(^^;)

参加されている方達が値段交渉をしながら、
茶葉を選んでいるのを隣で見ていたのですが、
中国の方達もそれほど知識がないようで少し押され気味でした。
ただ価格が値札の1/5ぐらいになっていたことに驚きました。(^^;)

ほとんどのブースを見て、お昼に店舗に戻りました。
来年機会があればChineseLifeも参加したいな・・・。
という野望を持ち、講師の二人に聞いてみたいと・・・。(^^;)
来年はChineseLifeで茶藝コンクールを企画したいと思います。

来週末の茶藝師試験に向けて最後の準備を完璧にします。

詳細情報

2008年11月22日 (14:26) | コメント(0) / カテゴリ:中国広州中国茶博覧会

このページの先頭へ