大高勇気中国茶塾の最近のブログ記事

中国茶を語る理由

私が中国茶を語る理由は
非常に簡単です。

それは中国茶の真実を皆さんに
知って頂きたいという事です。


色々な方がお茶を取り扱い、
お茶を学び、お茶を教え
お茶を楽しんでいます。

当然多くの方が違う角度や
形でお茶を表現していきますので、
私はすごく良い事だと思っています。


しかし、全ての事は
きちんとした知識の上で、
もしくは正確な情報の上で、

情報がシェアされる事が
一番大切だと私は思っております。


その為、
私は中国茶の産地を歩き、
茶農家の方達と交流して、

そして、
どのようにこのお茶を紹介するか?
どのようにこのお茶が作られるのか?
茶農家の方達がどのような気持ちで作っているのか?

という事を常に考えています。


中国茶がこれから
色々な形で発展を遂げ、
多くの方達に飲まれると思います。

飲まれるというのは、
すごく良い事なのですが、

きちんとした知識がない場合は
この楽しみ方が半減してしまうの
ではないかと思っております。


その為、私は色々な角度で
色々な切り口で中国茶の事を
これから書き続きたいと思います。

自分で決めている事は
一日三つの記事を書くと決めております。

2011年12月31日までには
必ず三つの記事を書き続きます。

それだけの事をしなければならないという
自分へのプレッシャーでもあると思います。

中国茶がどんなに好きと言っても
きちんとしたアウトプットが出来なければ
それはまだまだ足りないと思います。

そのような自分にプレッシャーをかけて
背水の陣でこの事に挑みたいと思います。

決めた事は実行する。

有言実行という角度でこの中国茶を
これからもずっと語り続けます。

これは私達にとって大切な事で、
中国茶を普及させるのに
必要な活動のだと思っております。

正確な知識を持って頂き、
その知識の元で中国茶が普及する事を
私は心から望んでおります。

急速に理解されたり、
急速に広まったりしてしまうと

どうしてもきちんとした知識が
ない事もたくさんあります。

私は知識や情報をしっかりと意識して、
自分の出来る事を一歩ずつ前進します。

これからも皆様の楽しい
中国茶時間及び中国茶ライフを

サポート出来るようにChineseLife社員一同
頑張ってまいりたいと思います。

詳細情報

2011年4月10日 (14:48) | コメント(0) / カテゴリ:大高勇気中国茶塾

今年私がしたい事

私は今年facebookを利用して、
多くの方達が楽しんでいる

お茶の時間をシェアする事が
したいと考えております。


このお茶の時間をシェアする事は、
私は非常に大切な事で、
有意義な事だと思っております。


何故かと言いますと、
お茶を楽しむというのは

一人だと少し寂しいと思います。
しかし、二人だと会話が生まれます。

3人、4人、5人となると、
その人数に比例して、

お茶の話題というのは増えていきます。


これがお茶が持つ魅力だと思います。

その茶が持つ魅力を
たくさんの方とシェアして、

今日はこんなお茶を飲みましたよとか
どんな味でしたとか、

明日はこのお茶が飲みたいとか
そういう事を多くの方と

シェアする事により、
お茶を楽しんでいる時間
というのは増えると思います。

その時間が増えれば増えるほど、
皆さんがお茶を楽しめると思います。

私は中国茶に限らず、
紅茶、日本茶、その他に国のお茶共に
話し合いたいなと思います。

私は枠を創るのがあまり好きではないです。

何故かと言いますと、
枠を創るとその枠から出る事というのは
非常に難しくなってしまうと思うのです。


枠が決まってしまうと
他の事を楽しめなかったりします。

どんなお茶でも是非皆様と一緒に
シェアしたいと思います。

当然、私もお茶を楽しんだり、
飲んだり、作ったりする事を書かせて頂きます。


一番良いのは皆様が写真で
こういう時間を過ごしました!みたいな

そのような投稿がして頂けると
私はすごく嬉しいです♪

現在、中国茶之旅をしていますので、
お店でお茶を淹れる事が出来ず・・・。

広州に戻り次第、色々な形で毎日書かせて頂きます。

毎日朝お茶を淹れて
それを写真を撮りたいと思います。

そうする事によりもっとお茶の魅力を
多くの方達に伝えていきたいですし、

そして、皆さんと
シェアしていきたいと思います。

その為、私はfacebookを利用して、
この中国茶時間、ティータイムを創ります。

是非皆様のご参加や投稿を心から、
お待ちしております。

詳細情報

2011年4月 9日 (14:33) | コメント(0) / カテゴリ:大高勇気中国茶塾

このアエラが一生の記念





午前中、銀行回りをして、店舗にて世界の教材を作成しておりました。午後から、ブログの記事を全て整理して投稿させて頂きました。ブログの記事は以前も書かせて頂きましたが、文字起こしをしておりますので、少しタイムラグが出てしまいます。ただスタッフの日本語能力を引き上げる為に、このような体制を採っています。専門技術や能力として一つの事を何年もかけて、皆さん学んでいると思うのですが、この能力をより研ぎ澄ます事によって更に附加価値がついたり、更に自分の価値が上がったりすると思います。当然うちのスタッフも毎日成長して頂きたいですし、当然日本語がうまくなればなるほど良いと思っています。その為に私ができる事、それはブログを録音して、この録音を文字起こしする事、これが非常に有効な手段ではないかなと思っております。

夕方、約五ヵ月ぶりに社会人サッカーに参加しました。久しぶりのサッカーなので、すぐに息が上がってしまったのですが、足が大分良くなってきましたので、これから、定期的に参加させて頂きたいなと思います。

そして、日本から今回アエラという雑誌に私が掲載して頂いたのですが、その雑誌を見る事ができました。メールでは頂いたのですが、どのような記事だろうとか、どのような感じだろうというのは、全く分かりませんでしたので、非常に嬉しかったです。一生の記念にしようと思います。

詳細情報

2011年1月 8日 (11:07) | コメント(0) / カテゴリ:大高勇気中国茶塾

鉄観音を焙煎





本日、午前中オフィスにてお茶を焙煎をしておりました。この茶葉は来週末にやって広州商工会の新年会で商品として協賛させて頂く茶葉になります。非常に良い鉄観音なので、それに焙煎を加えて更に美味しくした状態でプレゼントさせて頂きますので、相当おいしい茶葉になります。その焙煎をしながらオフィスの整理を行っておりました。非常に奇麗になりました。
  
そして、お昼に新しくお客様がいらっしゃいまして、そこでアエラの記事を見ましたとお話をして頂きました。今回、私はアエラに載っている事を忘れていまして、慌てて両親にメールをして買ってくださいという話をしました。アエラの事について、雑誌が届いてから、皆様にお話をしたいなと思っております。

後は、私の世界のレポートに書かせて頂きたいなと思います。実は、私が感じている事や、こういう風にして頂いたほうがよかったなというのも実はございまして、その辺の裏話も世界でさせて頂きたいと思います。

その後、IT部の会議を開きオーダーメイドする物を前倒しにしてきちんと計算する能力というのが必要という話をしました。現在、ほとんどの物がオーダーメイドで作っているのですが、そのオーダーをきちんとこなす事、在庫を見ながらきちんと発注をかけるという管理能力、全ての管理をしなさいという話をしました。

そして、販売部の会議を行いまして、きちんとお茶を紹介する練習をしました。そして、その後、会員の皆様にメールを送られて頂きまして、今回福袋を販売させて頂いた事の内容や、2011年のchineselifeがどのようになって行きたいのかというのをメールさせて頂きました。

そして、両親と話をして、今回アエラを購入して頂く事と今年の方向性などを考えて、会社運営して行きますという話もしました。私は父親が大好きで凄く尊敬しています。父親にきちんと考えを伝える事というのは未熟者にとって大切な事だと思います。その為、きちんと両親とお話をさせて頂き、今年の目標や目指している事を話しました。今後もきちんとお話をする事が大切だなと実感しました。

詳細情報

2011年1月 7日 (10:34) | コメント(0) / カテゴリ:大高勇気中国茶塾

アエラに掲載!







本日は朝から今年の会社の方向性や管理方法などを社員達と一緒に会議を行いました。今後は全て部門毎での管理や計画を提出するという会社の流れを社員とシェアしました。

今年は去年よりも良くならなければなりません。もっと短いスパンで言うのであれば先週よりも今週は良くなければなりません。その為に今改善できることをしていこうという会社経営を行なっております。

午後にお客様がいらっしゃったのですが、アエラ(AERA)で大高さんの事を見ました!というお言葉を頂き、そういえばと思い出しました。(^^;)本も届いていませんでしたので、まったく実感がなかったです。失礼しました。

2011年1月3・10日合併増大号 
特別定価:400円(税込)
表紙:上野樹里/女優

今回のアエラに関しては全てお客様への感謝と社員への感謝に尽きます。まだまだ若輩者で未熟者ですがこのような素晴らしい機会に取り上げて頂き心から感謝しております。この場を借りて感謝の気持ちを書かせて頂きます。

皆様機会がございましたらご覧頂ければと思います。ただまだまだ役不足ではあるなと感じております。(^^;)色々と足りないことばかりですので、これからどんどん勉強して頑張りたいと思います。

中国のお客様で竹清堂の茶器をすごく気に入って頂いております。どれも景徳鎮が誇ってきた文化や歴史がたくさん含まれている茶器ですので、品質には絶対の自信がございます。

今後きちんとした形で皆様にお伝えしていきたいと考えております。今月末よりネットショップで販売させて頂きますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

夜は社員がプレゼンを行いました。二人の社員が自分の知識でプレゼンを行ったのですが、二人とも全く違う形でプレゼンを行っておりました。今後月に二回ほどプレゼンの機会を設けて行っていきたいと思います。

詳細情報

2011年1月 4日 (10:28) | コメント(0) / カテゴリ:大高勇気中国茶塾

大高勇気中国茶塾・世界 マインドマップ





本日、大高勇気中国茶塾·世界のmindmapをアップデートさせて頂きました。これには私がどのように日頃この世界を書いているのかというのを皆様にご覧頂けるような形で公開させて頂きます。今、書いている内容というのを少しずつ整理しながら書いているのですが、なるべく体系的に、なるべくわかりやすく具体化しながら書いております。これをホームページに載せさせて頂きましたので、もしご興味がある方はぜひご覧ください。私が日頃このように仕事をしていますし、すべてをこのようにクリエイトしております。

そして、午前中一人のお客様がいらっしゃり、糖尿病と闘っているという話をされました。そのため、現在食事制限をしていらっしゃり、あとは料理の技法、作り方においてもなるべく油の少ない簡単にボイルしたものを食べているという話をされていました。体は資本ですのできちんとした体の管理というのは大切だと思います。ただ何となく分かっているのですが、なかなか出来ないのが現状だと思います。

このように書いている私もほとんど出来ていないと思います。ただ私はこだわっていることが一つございまして、普段の食事に関してはほぼベジタリアンです。これはお肉というのは私の中ではあまり必要ではないものだと感じております。当然外食などに行くとお肉を食べる機会というのは増えますので、外食ではお肉を食べますので 、日頃お肉を食べる必要というのはないと感じております。

これもなるべく体に負荷をかけずに、消化をなるべく速めたりするという意味で、今までずっと行ってきています。皆さんも機会があれば少しずつベジタリアンの方向に越して頂くと体が喜ぶと思います。体がすごく楽になると思います。

そして、今年の春節のお休みをきちんと確認しました。スタッフみんなが故郷に戻るのですが、どのような段取りで、どのように戻るかというのを一人一人と話をして、スケジューリングしていきました。春節は中国各地の都市に出ている出稼ぎの方達であったり、一般の労働者が故郷に戻ります。チケットを買うのが毎年非常に困難です。しかし、年に一回か二回戻れるチャンスですので、ぜひ長めに戻って頂きたいなと私は思っています。

その分、仕事を前倒しにして頑張って頂き、そして、休める時間を長くして家族と一緒にいれる時間を少しでも増やしてあげたいと思っています。やはり、両親がいての自分ですので、その両親に感謝をする機会もしくは時間というのを多めに提供したいと思います。そして、両親にきちんと感謝を伝えて頂きたいなと思います。この時に私は今年からスタッフにいろいろな持ち物を持って帰って頂こうと思っております。これも今後機会があれば紹介させて頂きますのでぜひ紹介できるようにレポートをまとめたいと思います。

そして、夕方色々な国に旅をされている方がいらっしゃいまして、前回言かれたスリランカで購入された紅茶のテイスディングを一緒に行いました。非常に有意義な時間を過ごさせて頂きました。お持ち頂いた三種類の紅茶と中国の紅茶、中国の白茶と飲み比べて、どのように違う、どのような味がする、香りがするというのをお話しながら楽しんだのですが、非常に面白かったです。

うちの茶芸部のスタッフも参加して、三人で行っていたのですが、味の違いや香りの違いというのはすごく明確で、こんなに違うのだという形で分かりました。その後、スタッフと少し話をしまして、今日も終わらせて頂きました。非常に有意義な一日でした。

詳細情報

2010年12月12日 (17:36) | コメント(0) / カテゴリ:大高勇気中国茶塾

大高勇気中国茶塾・品茶「黄山毛峰」

















本日は、私の品茶の授業がございました。本日は黄山毛峰というお茶を使いました。現在店舗で販売している二種類のお茶をテイスティングするというお茶を勉強する会だったのですが、今回のお茶は今までのお茶と違いまして、味の感じ方、若しくは香りの純度や高さという面で見ると大分難しかったと思います。

今回参加された方達もどちらがどちらだろう、どちらがどちらだろうという形で何度もお話をされていました。ただ感じて頂くことが私は非常に大切だと思います。色々な物をどのように感じられるか、若しくはどのように表現するかということも大切だと思います。そして、鳳凰単叢の授業が終った後に鳳凰単叢の蜜蘭香を飲みました。

今年の蜜蘭香が美味しいと思いました。そして、今日の夜、アジア大会の男子決勝に行くのですが、チケットは少し離れているところまで取りに行かなければなりませんでしたので、スタッフに行って頂きました。今回チケットを入手するのが非常に困難でしたので、ほかの方にチケットを購入して頂きまして取りに行きました。

そして、午後もお二人参加されまして、うちの社員も参加して、三人で行いました。そこでは、韓国の方がいらっしゃいましたので、中国語と日本語を踏まえながらお話をしていました。普段スタッフには中国語で話していますので、中国語で話すことにはあまり抵抗がありません。この際にも色々なお話させて頂きました。作り方や、どのようにテイスティングするかなどをメインで話させて頂きました。

その後、私が教えているサッカーの子供達と一緒に開場入りしまして、イラン対韓国の、残り10分くらい試合を見ることができました。座った時は韓国が1対3で負けていたのですが、私達が座ってからゴールラッシュがありまして、3点取って、韓国は4対3で逆転勝利を押されました。その前を見ていなかったので、何とも言えない部分がありますが、私達は座った時は、韓国が勝つという気持ちだけでプレーをしていた部分というのはたくさんあったと思います。

その気持ちが反映されて、見事逆転勝利になったと思います。すごく盛り上がった試合になりました。その後、簡単に食事をするために、マクドナルドを買いに行ったのですが、ものすごい込んでいて、その人の多さにびっくりしました。写真を添付しますので、ぜひご覧ください。

その後、日本対UAEの試合を見ました。試合内容は五分五分、若しくは日本が押されていたと思いますが、きちんとしたチャンスをものにして、日本が1対0で下しました。今回アベック優勝ということで、両方とも表彰式に参加させて頂き、その嬉しさをシェアさせて頂きました。今回アジア大会が広州で開かれて、 サッカー観戦を非常に満喫した私だったのですが、こんなにも素晴らしい結果になるとは思ってもいませんでした。

勝った時の瞬間。サポーターもみんな総立ちで応援していました。スポーツを通して人を感動させた日本代表の若いサッカー選手に心から感謝すると共に、今まで色々な厳しい練習に耐えて来たと思います。その練習が綺麗な形として、結果を残したことをこれは非常に褒めてあげたいと思います。そして、その後、優勝祝いをタイ料理を食べながらしました。非常に美味しい料理と美味しいビールと美味しいカレーと面白い話と、非常に有意義な時間に過ごさせて頂きました。

詳細情報

2010年11月25日 (17:29) | コメント(0) / カテゴリ:大高勇気中国茶塾

大高勇気中国茶塾·品茶







本日、午前中と午後と私の品茶の授業を行いました。太平猴魁と言う、私が最も好きなお茶の一つです。私が行っている大高勇気中国茶塾·世界に於いても一番最初に紹介させて頂いたお茶になります。

私は個人的にもすごく好きなお茶で、本当に多くのことを学ばせて頂いたお茶の一つでもあります。詳細は世界に書きましたので、ご覧頂いた方はよくお分かりになると思いますが、人というのは成長するために、きっかけというのは必要だと思います。

私も中国茶を色々な角度で学ばせて頂いて、色々な接し方をしてきていますが、その中で本当に多くのことを学んだのはこの太平猴魁の産地だと思います。もっと勉強しなければならないと、本当に強く感じました。

少しずつ中国茶の産地を歩き、ほとんど の産地を歩いて、感じたことは中国茶は本当に生きているということが言えると思います。毎日味も違いますし、香りも違います。心から楽しめるのができること、これがすごく大切だと思います。

そして、夕方中国語の講師のための講座を行いましたが、その時に新入社員に自分の日本語や、振る舞い、動作、あとは単語、接し方などを細かく話をしました。今、多くの人たちに必要なこと、これは自分が気付くという事と、それを意識して変えるということではないかなと思います。非常に有意義な講座になりました。

そして、夕方キッズサッカーがあり、今日最後の子供がいました。彼はこの一年間で、ものすごく上手になった一人で、私も練習をする時にはなるべく多くの負荷をかけいていた一人になります。

今回日本に戻るということで、今後の練習には参加できなくなってしまうですが、きっと彼の中で良いものを広州で学んで頂けたのではないかなと思います。日本に帰っても是非是非頑張って、良い大人になってもらいたいなと思います。

詳細情報

2010年11月18日 (17:18) | コメント(0) / カテゴリ:大高勇気中国茶塾

大高勇気中国茶塾・品茶 プーアル茶





本日は、私の品茶講座がございました。本日はプーアル茶を話させて頂きました。プーアル茶は割と簡単に区別がつく種類の一つだと思います。飲み比べるとすぐに分かるぐらい差が出ております。今回、うちで販売している二種類のお茶をテイスティングしたのですが、甘さが全く違いました。プーアル茶は本当にピンからキリまでございまして、様々な等級、様々な香り、様々な味わい、様々な後味がございます。その中で、どのようにプーアル茶を飲んで行くと分かりやすいですとか、後はどのようにすると比べやすいですという話をさせて頂きました。今日の品茶課は非常に分かりやすい二種類だったと思います。

そして、店舗のスタッフと会議を開きまして、方向性を持つ事と自分に自信を持って、すべての業務に取り組みなさいという話をしました。私は基本的にすべての決定権を渡して、スタッフに仕事をさせています。その上で、間違いが起こった事は私が責任をとるので、深く考えずにきちんと結果が出るように頑張りなさいという話をしました。そうでなければ仕事や決定、実行などについてきちんと表現できなかったりすると思いますので、それは良くないという話をしました。

そして、新しく二人のスタッフを採用しまして、本日契約書を書きました。この二人にもきちんと上司に胸を張って、私は良い仕事をしていると言えるぐらい頑張って下さいという話をしています。最終的には上司の為に部下がどれくらい頑張れるかというのは重要だと思いますので、上司をきちんと慕って頑張ってくださいという話をしました。

夜は、アジア大会の開幕式の花火が上がっていたのですが、非常に大きな音がしまして、すごく迫力がありました。きっと近いところにいらっしゃった方はこの数倍感じたのではないかなと思います。一瞬空が昼間みたいになりました。すごい花火の量でした。さすが町を興してのアジア大会!やっと始まりましたアジア大会、今回きっと大会中に色々なドラマが生まれると思います。ここ広州で日本選手の方々が良い思い出が刻めるように私も心から願っております。

詳細情報

2010年11月12日 (17:05) | コメント(0) / カテゴリ:大高勇気中国茶塾

世界教材作成中





午前中から午後にかけて、ずっと大高勇気中国茶塾·世界の教材を作成しておりました。今回、教材の作成が遅れております。予定よりも遅れってしまったのですが、この部分を取り返すべく、真剣に書いております。まだ書くことに慣れていませんので、書いては消して、書いては消して、書いては消してという繰り返しの中で、少しずつ書き上げています。

これは私にとって、ものすごく大切な内容ですし、きちんと皆様に中国茶をお伝えする教材にならなければならないと思っております。そのため、一番重要なことをリストアップして、そこから細分化したお話をさせて頂いております。今後もっともっと上手に、そして、速くなると思いますが、現状では少し難しいのかなと思っております。

今日、夕方キッズサッカーがあり、子供達にサッカーを教えました。月曜日と昨日と日本代表のサッカーを見ていますので、すごく気持ちが高まっている状態でのサッカーコーチでした。今日は少し厳しい感じだったと思いますが、未来に繋がるという意味ではすごく良かったと思います。

詳細情報

2010年11月11日 (15:27) | コメント(0) / カテゴリ:大高勇気中国茶塾

このページの先頭へ