2008中国茶之旅の最近のブログ記事

中国茶之旅2008を終えて

本当に大切な物が見えなくなる現実。
偽物が本物を覆い尽くし己を本物と呼ぶ世界。
中国茶の世界が崩れるのは目前である。
すでに大部分が崩れてしまっているが・・・。

今まで多くの場所で中国茶を見てきました。
今年も原産地まで行って一緒に作ってきました。
「中国茶は口先で語れるような簡単な物ではない。」
いつも自分の中で自分に言い聞かせている言葉。

だから店を閉じてまで歩くのです。
それは中国茶が正しい方向への発展を願う心の叫び。
多くの方が中国茶を語る中で最も重要な事は、

「言うは易く行うは難し」
この一言が全てを物語っている。

多くの茶農家で彼らの願いを聞き、
胸がズキズキと痛んだ事をここに記します。

彼らは茶葉を一本一本摘み取り、
自分の茶葉を作るかのように茶葉を取り扱う。
今日作る全てのお茶がよりおいしくなれるように。
彼らの考えや願いは非常に素朴で心が落ち着く。

丁寧に作られた高級茶葉と、
マーケットに溢れる低級品の茶葉。
手作りで作られた茶葉と機械で作られた茶葉。
この二つをどのように比べるのですか?

彼らの意志を必ず伝える。
これが私の信念であり願いでもある。

今年も歩いた事により多くの事を学びました。
天候の状況や茶葉の出来具合など色々とありました。
農家の方達にも協力して頂き素晴らしいお茶を作りました。
これからも毎年歩くことで多くの事を学びます。

今回の中国茶仕入の旅2008について、
写真をまとめてDVDを制作しています。
販売開始後、HPやブログで紹介していきます。
良い茶葉は素晴らしい環境でしか作られない。
茶産地を見なければ良いお茶かは語れません。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2008年4月18日 (11:23) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅2008中国茶之旅

君山銀針を作る全てのプロセス!

フランス人の方達が、
朝から茶摘みから製造工程の全てを、
撮影しますので一緒に写真を撮らせて頂きます。
彼らはフランステレビ局の方達みたいです。

茶摘みを撮り、
製造工程を撮りました。
彼らが撮影を始めるとシ〜ンと静まり、
作業の音だけが工場内に響いていました。

作業の全てを撮影し、
フランスの方々は戻られました。
時間にして5時間ほどでした。

茶工場の方達と、
一緒に白酒を飲みながら昼食を楽しみ、
かなり飲まされてふらふらになりながら、
君山島を去りました。

毎年行っていますが、
製造方法やプロセスはまったく同じで、
品質もほとんどかわりがありません。
それだけしっかりとした管理が出来ているのですね。

今年は、
君山銀針の原種を購入しました。
これは島内にも非常に数が少なく、
今年生産された量はわずか6斤半。3kgちょっと。

全てを購入してきました。
かつての君山銀針の味わいを知って頂くために。
歴史や文化や伝統が含まれる茶葉を手にする。
この茶葉に含まれる多くの意味を感じる為に。

今年の茶葉は去年よりも良かったです。
雪の影響はありましたが、
その後の天気が良かったので個人的には嬉しかったです。
ただ生産量はかなり減ってしまいました。

こうなるとマーケットはバランスが崩れ、
偽物に覆い被されてしまいます。
悲しいですが、これが現状のようです。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2008年4月 3日 (11:22) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅2008中国茶之旅

湖南省岳陽に到着・君山銀針に会いに!

朝9時過ぎに列車は終点「岳陽駅」に到着。
今回はチケットが座席しか購入できず、
10時間以上座りっぱなしで来ました。

新年の時に帰省出来なかった方達が、
今回の休みを利用して帰省したそうです。
乗ったときに予想をあまりにも上回る人の数で、
今回はベッドの列車は空かないとわかりました。

座ることには、
それほど抵抗がありませんが、
列車内でたばこを吸ったり痰を吐いたりと、
マナーの面で・・・というのが好きになれない。

岳陽に到着して、
駅の近くで朝食をすませ、
君山島へ向かいます♪

毎年来ているので、
行き方などは現地の人と同じぐらい慣れています。(^_^;)
君山島に着くとびっくりしました!

門構えがまったくかわっているのです。
旅行地として綺麗に整備されていて好印象!
今まではボロボロという感じでした・・・。

オフィスに行くと、
連絡を取り合っている責任者の方が、
いつも私達の事をもてなしてくれます。
着いてすぐに昼食に行こうとのお誘い。

白酒(アルコール度数50%前後)がメインですので、
出来れば夜が良かったのですが・・・、
歓迎の意味も込めてという相手の気持ちですので、
断ることは出来ません。(^_^;)

食事の後、
ホテルを手配してくれました。
そして君山銀針を摘んでいる場所へ。
島内の至る所で茶葉を摘んでいる姿を見ることが出来ます。

そして色々な詳しい説明をして頂き、
お茶の木を食べる虫を見せて頂きました。
この虫などを殺すために農薬を使用するのです。

ホテルに戻る時に、目の前に猿が登場!
タケノコの大きいのを皮を剥きながら、
上手にぱくぱくと食べていました。
近づくと危なそうでしたので横で見ていました。
猿は非常に器用でびっくりしました。

夜になって、
今日摘んだ茶葉を作ります。
茶工場は一般に公開されていませんが、
毎年足繁く通っているので去年からOKです。

工場内にある鍋の全てを使用して、
茶葉を殺青をしています。
茶農家の方達が最も苦労している点です。
煙が立ちこめる工場でもくもくと作業を行う。

明日は、
フランスの方々が撮影にくるそうです。
そのときに、私達も一緒に撮影します。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2008年4月 2日 (11:20) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅2008中国茶之旅

色々とありましたぁ・・・。

旧正月を終えてからずっと取り組んできたDVD。
なかなか思うようにいかずに実際かなり焦っていました。

思わぬ事でサーバーが停止してしまったり、
愛用のマックブックプロがウイルスにやられてしまったり、
プリンターが動かなくなってメーカーに届けたりと、
かなり色々な事が順番に発生して波瀾万丈の3月でした。(^_^;)

そんな中、
待ちに待ったカメラが届いたり、
中国茶の状態が良かったりと吉報も多々あり、
嬉しいこともたくさんありました♪。

カメラは色々と検討した結果、
お客様が使用していたカメラの最新版をgetしました。
値段も非常に手頃で使い勝手もよく大変気に入っています。
ただ使い方がわからない事にとまどっていますが・・・。(^_^;)

本日、
中国茶仕入れの旅 2008に向かいます。
今回もきっと素晴らしい茶葉との出会い。
農家の方達との中国茶トークなど楽しみです!

年に一回の長期休暇をとらせて頂きます。本当に良い中国茶をこの手で握ってきます!

今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳細情報

2008年4月 1日 (11:17) | コメント(0) / カテゴリ:中国茶之旅2008中国茶之旅

このページの先頭へ